シニアが使う初めてのスマホ!どれを選べばいいの?

a51d6ca0a4980ded04e73bc42973c210_s

今年、60代の両親がついにスマホを購入しました。初めてのスマホです。

聞いてみると、周りにもぞくぞくとスマホデビューをしているシニア世代が増えているようです。

実際、スマホとシニアって親和性が高いと思うのです。アイコンの見た目一発でどのアプリを使えばいいのかすぐ分かるので、使いたい機能を階層的に探す必要があるガラケーよりも慣れたら絶対に使いやすいはず。

ただ、「本当に自分でもスマホを使えるのだろうか…」と心配な方もいらっしゃるかもしれません。シニアが使いやすいスマホって?初めてのスマホ、どれを選んだらいいか分からないというのが正直なところでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

無難に選ぶなら大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のスマホ

今回、「シニアが使うという目線でスマホを選ぶ」という自分のスマホ選びとはまた違った視点でいろいろ検討してみました。

今人気の格安スマホでもいいかなと思うのですが、とりあえず使い方が分からなくなったときにショップに駆け込めば助けてもらえるという点では、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアにしておけば無難だと思います。

何が分からないかが分からない(もしくは言葉で説明できない)ようなシニアにとって、電話やネットサポートのみの格安スマホは少しハードルが高いかもしれません。

2016年10月追記:

「格安スマホはサポート面で大手より劣る」と書きましたが、ただし、その中で「Y!モバイル」と「TONEモバイル」はシニアにも嬉しいサポート体制を取っていると言えるでしょう。

Y!モバイルは、店舗が全国に1,000店以上あるので、いざとなったら駆け込める店舗が近くに見つかるはずです。

TONEモバイルは、格安スマホの中では唯一「シニアでも使いやすいスマホ」を謳っている会社です。特に、他の格安スマホでは有料オプションとなる「スマホの遠隔サポート」を無料で利用できるのは嬉しいポイント。遠隔サポートのいい点は、たとえ言葉で上手に説明できなくても、またわざわざ店頭まで足を運ばなくても、電話の向こうのオペレーターが自分のスマホを直接に遠隔操作して問題を解決してくれるという点です。

もちろん一長一短の部分はありますが、改めて「シニアでも格安スマホはアリだな」と思ったので、こちら↓の記事に詳しく書いています。
 
>>スマホを使いたいけど高いのはイヤ!そんな初心者シニアにぴったりの格安スマホはコレだ

もし、料金面で「スマホは高いから…」と躊躇しているのであれば、格安スマホも検討の対象にしてみてもいいでしょう。

ちなみに、うちの両親はガラケー20年以上ドコモ使いだったので、最近やっと長期契約者優遇割引を始めたこともあって、ドコモでそのまま機種変更をすることにしました(たいした割引額ではないですけどね)。

ドコモの「らくらくスマートフォン3」は自由にアプリをインストールできないので注意

ドコモ・au・ソフトバンクともに、シニア向けのスマホを販売しています。最新機種は次の通りです。

ドコモは「らくらくスマートフォン3」

2014年7月発売

mv_01

写真引用元:NTT docomo公式サイト

auは「BASIO2(バイシオ2)」いわゆるシンプルスマホ

2016年8月発売

basio2_detail_02

写真引用元:au公式サイト

ソフトバンクは「シンプルスマホ3」

2016年9月発売

fig_simple_home

写真引用元:ソフトバンク公式サイト

シニア向けスマホは、使い勝手と見た目の分かりやすさを最優先にしているのが特徴です。文字やアイコンが大きいだけでなく、ガラケーに慣れた人でも移行しやすい見た目の工夫がされています。

ただし、「ガラケーのときにらくらくフォンを使っていたから、スマホもらくらく(シンプル)スマホの方がいいだろう」と思うと意外な落とし穴があります。

ドコモの「らくらくスマートフォン3」には、「Google Playストア」がありません。つまり、アプリをインストールできないのです(webからダウンロードする方法はあるようですが、シニアが自分で行うのはまず無理でしょう)。LINEのアプリだけはプリインストールされているのでそのまま使えます。

2016年10月追記:ソフトバンクの「シンプルスマホ」も前の機種まではアプリのインストールができなかったのですが、2016年9月発売の「シンプルスマホ3」から「Google Playストア」が使えるようになって、好きなアプリを自由にインストールできるようになりました。
2016年11月追記:2017年3月発売予定のドコモ「らくらくスマートフォン4」では、ついにドコモでも「Google Playストア」が使えるようになるようです!もしどうしても「らくらくスマホ」を使いたいのであれば、2017年3月の発売を待った方がいいんじゃないかと思います。

その点、au「BASIO2」とソフトバンクの「シンプルスマホ3」は普通のスマホ同様にアプリをGoogle playストアからインストールできるようになっている分、スマホのメリットはしっかり維持しつつシニアにも使いやすい作りになっていると言えるでしょう。

シニアだって普通のスマホでも十分使いこなせるのでご安心を!

ただし、実際にはわざわざシニア向けを選ばなくても、普通のスマホで十分に使えると思います。

うちの両親の場合ですが、今回はドコモの機種で選ばなければいけなかったので、ドコモのらくらくスマホがアプリを使えない時点で「普通のスマホ」という選択肢しかありませんでした。

実際に購入したのは富士通の「arrows Fit F-01H」。

arrows

特に何の変哲もない普通のスマホです。これを60代後半のスマホ初心者シニアが使えるのだろうか?と最初はちょっと悩みましたが、結果特に不便なく使っています

最初の設定だけ分かる人がしっかりやってあげる必要はありますが、シニアはそもそも使うアプリ数もそんなに多くない場合が多いので、ホーム画面に10個くらいアプリを並べたらその中でほとんどすべての作業はこと足りてしまいます。むしろシンプル。

スマホ本体の設定で文字は「特大」にしておきましょう。また、情報の取捨選択が得意ではない人の場合には、インストールしてあるアプリの通知設定をオフにしておいた方がいいかもしれません。スマホを持つと、アプリの更新やしょうもないお知らせなんかも含めてひっきりなしに通知が来るようになります。そうしたお知らせはなるべく減らした方がストレスなく使えるはずです。

また、外部のアプリを使えば、こうした普通のスマホのホーム画面を「らくらくホン」っぽくすることができてしまうんです。

たとえば、「カンタン!アプリ」というアプリを使えば、こんな感じにスマホ画面が変身します。

7

「カンタン!アプリ」の詳しい使い方はこちらの記事を参照してください。

>>シニアも安心!普通のスマホを「らくらくスマホ」仕様で使えるようにするアプリをご紹介

最初はよく使う最低限の機能で「スマホ」に慣れる

最初からあれもこれも覚えようとするとどうしても使うのがイヤになってしまいます。最初はガラケー時代に使っていた機能だけ使えるようにしましょう。そうすれば、当面は支障はないわけですから。

電話をかける、電話を受ける、メールを書いて送る、受信したメールを見る、写真を撮る、インターネットで調べものをする

まずはこの程度から始めてみるのがいいでしょう。これができるようになったら、今まで使ったことのないアプリを使うようにしてみればいいのです。スマホ自体に慣れてくると、新しいアプリを使うことのハードルも低くなります

なので、まずは最低限の機能で習うより慣れろです。実際に触っていると自然と覚えます。

結論:シニア向けのスマホは「どれでも大丈夫」

身も蓋もないですが、実際に購入してみて60代後半のシニア世代のうちの親でも初めてのスマホはふつうのスマホで問題なく使えていますので、好きなのを選べばいいというのが結論です。

料金を抑えたいなら、むしろ格安スマホでも全然OKでしょう。

>>スマホを使いたいけど高いのはイヤ!そんな初心者シニアにぴったりの格安スマホはコレだ

ただし、最初から使い慣れたガラケーのように使いこなせるわけがないということを理解しましょう。3日でイヤになってしまうかもしれませんが、そこで諦めたら終わりです(笑)。挫折しそうになっても、あと少しだけ続ければ必ず上手に使いこなせるようになるから大丈夫ですよ!

「年寄りがスマホなんて使えるわけない」と本人や家族が決めつけてしまうのはもったいないです。スマホで世界を広げましょう!

こちらの記事も合わせてどうぞ!

スマホを使いたいけど高いのはイヤ!そんな初心者シニアにぴったりの格安スマホはコレだ

シニアも安心!普通のスマホを「らくらくスマホ」仕様で使えるようにするアプリをご紹介

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. のんちゃん より:

    参考のなりました。
    初めてのシニアスマホデビュー1520円引きの時に説明を受けました。
    交換してみたかったのですが、家に帰って娘に相談したら「何がしたいん?」
    の問いかけにラインだけなんだけど。。と答えそのまま。
    ここ3ケ月使用料が写真を貰ったりして3000円位アップする様になり悩んで
    います。ガラケーではなくスマホからの写真添付が料金かかるみたいです。
    ドコモさん、又シニア初めて再開される情報があれば教えて下さい。

    • nabana より:

      のんちゃんさん

      コメントありがとうございます。
      もしスマホを使いたい主な理由が「ライン」であれば、ドコモのらくらくスマホでもいいかもしれません。
      ただ、スマホを使い慣れてくると、だんだん他のアプリも使いたくなる可能性もあります。それを考えると、一般的なスマホにしておいた方がいいかもしれませんね。

      また、月々の料金ですが、どうしてもスマホにするとガラケーよりは高くなると思います。

      参考までに、うちの両親の携帯代は、カケホーダイ(通話料定額)+シェアパック5(データ通信料)のプランで、2台で毎月16,000円くらいです。
      スマホ本体の金額は、24回の分割払いで月々500円くらいです(1台につき)。
      2台で16,000円くらいなので、1台分は約8,000円ですね。

      1台だけの契約にする場合でも、一番パケット代の少ないデータSパック+カケホーダイのプランでやはり毎月8,000円前後になるでしょう(スマホ本体の料金によっては1万円くらいになる場合もあります)。

      今ガラケーでどれくらいの料金を支払っているか分かりませんが、スマホだと大体月々の料金は8,000円~1万円くらいになると考えていいと思います。比較して参考にしてみてください。

      あと、ドコモの場合は最初にいろんなオプションサービスに加入することでスマホ本体の料金が割引になります。このオプションサービスは1か月無料で使えるので、契約時だけ加入して、1か月以内にそれらのオプションを解約するようにしてください。そうしないと、使わないサービスに毎月お金を払うことになってしまいます。

      なので、もしスマホに変えて、ラインを使ったり写真の送受信をしたりして、なるべく料金を抑えたいのであれば、
      1.スマホ本体の料金が安いものを選ぶ
      2.契約時に(半強制的に)つけられるオプションは、1か月以内に必ず解約する(分からなければ、ドコモショップに行って「オプションを外してほしい」と伝えればやってもらえるはずです)
      3.もし1台のみで契約する場合には、データ通信料のプランは「データSパック」を選ぶ

      具体的なシチュエーションが分からないので抽象的なアドバイスになってしまいましたが、参考にしていただければと思います。

  2. 若山祐太郎 より:

    丁寧に教えて頂きありがとうございます。参考になりました。

    • nabana より:

      若山さん

      スマホ選びの一助になれば幸いです。楽しいスマホライフを送れるといいですね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です