子どものスマホ監視に「mSpy(エムスパイ)」は向いてる?使い方やデメリットを解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもにスマホを持たせたときに気になるのが、その危険性。

  • 不適切なサイトを見ていないか
  • SNSで危険なやり取りをしていないか

など、心配になることがたくさん出てくるのではないでしょうか。

子どもがスマホを安全に使っているか監視するアプリが海外では一般的になっています。中でも有名なのが、mSpy(エムスパイ)というスマホの見守りアプリ

子どもが使うSNSアプリや写真/動画まで個別にモニタリングできるので、不審な行動をしていたり不適切なやり取りをしていてもすぐに見つけることができるのです。

ここでは、mSpyの使いやすさや信頼性、さらにデメリットについても詳しく解説していきます。

mSpy公式サイト >

mSpy(エムスパイ)ってどんなアプリ?mSpyでできることまとめ

mSpyは子どもやお年寄りの安全を守るために作られたスマホの見守りアプリです。

対象のスマホにmSpyのアプリをインストールすることで、位置情報やスマホの使用状況を細かくチェックできるようになっています。

mSpyでできること

  • GPSで位置情報や位置履歴を把握
  • 通話のログ
  • すべてのテキストメッセージやメールの確認
  • 保存された写真や動画の確認
  • マッチングアプリ(Tinder)の監視
  • SNSの監視(LINE、Skype、Instagram、Facebookなど)
  • インストールされているアプリの確認やアプリブロック
  • ブラウザ履歴やブックマークの監視
  • スマホの連絡先を確認
  • 定期的にスマホのスクショを撮影

このように、子どもがスマホで行っているやり取りのほとんどを見守ることができるようにになっています。

アプリやテキストでのやり取り、写真や動画の保存なども監視でき、子どもがネットのトラブルに巻き込まれるのを未然に防ぐための機能がついています。

mSpy(エムスパイ)のインストール方法

mSpyはふつうのアプリのように「Google Play Store」や「app Store」からダウンロードすることはできません。

mSpyの公式サイトで契約をしてアプリを購入後ダウンロードしてセットアップをします。

1. mSpy公式サイトでアカウントを作成する

・メールアカウントで登録

2. 公式サイトのオンラインストアでパッケージを購入

・プランを選択

・名前、国情報を入力し購入(クレジットカード)

・支払いが完了したら「注文の送信」をクリック

・登録したメールアドレスに確認メールが送られる

3. 監視するスマホにアプリをインストール

・子どものスマホにmSpyのアプリをインストール

アンドロイドの場合は端末を直接操作してインストールする必要があります。iPhoneの場合はiCloudにアクセスが求められるので、対象端末のApple IDとパスワードを用意してください。

SNSの監視を含めてすべての機能を利用するためには、iPhone→脱獄化(ジェイルブレイク)、Android→ルート化する必要があります。

自分のスマホやパソコンから監視できる

対象スマホの監視は自分のスマホやパソコンで行います。

管理画面から、子どものスマホの連絡先やテキスト、写真、ビデオなどをすべて詳細に見ることができます。

連絡先一覧や、通話の履歴なども一目瞭然。

また、テキストメッセージやLINE、FacebookなどSNSアプリでの実際のやり取りも確認することができます。

このように、自分のパソコンなどから、子どもがSNSアプリでやり取りしている内容をそのまま見ることができます。

mSpy(エムスパイ)をインストールしていることはバレない?

mSpyのアプリ自体はバックグラウンドで動作するので、使っているときに監視されていることはバレません。

ただ、mSpyをインストールする際にスマホ端末を直接操作したり、iCloudのパスワードなどが必要になります

もし子どもにバレないようにしてmSpyを使いたいなら、あらかじめmSpyをインストールしてからスマホを渡すようにするのがいいでしょう。

mSpy(エムスパイ)は安全?本当に子どものスマホにインストールしてOK?

mSpyのアプリそのものに危険性はありません。インストールしたことで、リスクにさらされることはないと考えていいでしょう。

mSpyのアプリは世界中で150万人の人に使われていて、10年以上も高いサービスを提供し続けています。信頼性は高いと言えますね。

また、mSpyで使われているデータはすべて最新の暗号化プロトコルで管理されています。モニタリングしているデータにアクセスできるのは利用者だけ。mSpyの運営会社には利用者のデータへのアクセス権がありません。データの覗き見をされる心配はないということです。

ただ、他のアプリと同じように個人情報漏洩などのリスクがゼロではないので、自分自身でしっかり情報管理をするようにしてください。

mSpy(エムスパイ)を子どものスマホにインストールするのは違法じゃない?

法律上では、未成年の子どものスマホを親が監視することは違法ではありません

民法818条で未成年の子どもに対する親権が定められていて、親は子どもに対して適切な教育を行ったり、安全を確保する「義務」があると規定されているのです。

スマホでの行動の監視や履歴の確認もこうした「親権」の範囲内と考えられるため、未成年の子どもに対してのスマホ監視に違法性はないと考えられます。

mSpy(エムスパイ)の料金と支払い方法は?

mSpyを利用するには、使用料が必要です。

料金はプランによって異なっていて、「ベーシックプラン」「プレミアムプラン」の2種類から選択します。

プラン月額料金内容
ベーシックプラン$29.99
1年契約なら$8.3/月
通話記録の監視
GPSで位置追跡
など
プレミアムプラン$69.99
1年契約なら$16.6/月
通話やGPS監視

SNSの監視

子どものスマホ使用で心配なのはSNSでのやり取りという方も多いはず。

そういう方はプレミアムプランに申し込むようにしましょう。ベーシックプランには、SNSの監視は含まれていません。

1年の契約にすると1か月分が約16.6ドル(=2,000円以下)で使えるので、すべてのSNSを監視できることを考えるとコスパはいいと言えるでしょう。

mSpy(エムスパイ)のデメリット

mSpyを使う上でのデメリットについても説明していきます。

料金がかかる

mSpyは有料のサービスです。無料版はないので注意してください。

料金がかかる分、無料のスマホ見守りサービスと比べて子どものスマホ活動が細かく監視できるようになっています。

スマホ端末を操作して設定しないといけない

mSpyを子どものスマホに設定するときに、端末を操作する必要があります。さらに、SNSの監視をするためには、アンドロイド端末はルート化を、iPhone端末はジェイルブレイク(脱獄化)をしないといけません

遠隔操作でインストールできるわけではないので、注意してください。

子どものLINEやSNSを監視したいならmSpy(エムスパイ)はおすすめ

子どもの安全のためにLINEやSNSでのやり取りを監視したいのであれば、mSpyはおすすめと言えます。

国内の大手携帯電話会社も子どものスマホ監視用に「見守りアプリ/見守り機能」を提供していますが、実際に使えるのはGPSでの位置情報や有害なwebサイトのブロック、利用時間の制限など。

子どもが実際にLINEやSNSでどんなやり取りをしているかまで把握することはできません。

子どものスマホ利用で一番トラブルに巻き込まれやすいLINEやSNSをしっかり見守りたいなら、mSpyを使ってみるのがおすすめです。

mSpy公式サイト >

記事下リンクユニット広告
スポンサーリンク
レクタングル大(記事下)
レクタングル大(記事下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする