任意整理や自己破産したブラックの人でもデビットカードを作れる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードを持っていなくても、クレカ同様に支払いができるデビットカード。

「デビットカードを作りたいけど、カードローンを滞納していてブラックだから作れないんじゃないか?」

などと心配で申し込みができずにいる、なんて方もいるのではないでしょうか。

クレジットカードや消費者金融の返済を滞納していて、ブラックリストに載っている

任意整理をしたり自己破産をした

こういう状況の人は、まずクレジットカードを作ることはできませんよね。ですが、デビットカードなら作ることができるんです。

デビットカードの審査基準は?

デビットカードには、クレジットカードのような審査は基本的にありません

クレジットカードの審査というのは、本人確認(氏名・住所・生年月日)はもちろんのこと、年収・勤務先・勤務形態・勤続年数・住居の種類・ローンの有無・信用情報など事細かに調べた上で審査の合否が決まります。

ですが、デビットカードを作る際に必要な情報は、

本人確認(氏名・住所・生年月日)

以上です。

そして、デビットカードを作るために必要な条件は、

その銀行に口座を持っていること(ない場合は、新たに口座を開くこと)

だけ。

これさえ満たされれば、基本的にはデビットカードを作ることができるというわけです。

返済を滞納してブラックリストに載っていてもデビットカードを作れる?

これまで、クレジットカードの支払いを滞納して強制解約になっていたり、銀行のローンや消費者金融の借金返済を延滞していたりして、JICCやCICなどの信用機関に情報が載っている「ブラック」の人の場合、新たにクレジットカードを作ることは難しい(というか、無理)でしょう。

でも、そんな人でもデビットカードなら作ることができます

デビットカードを作る際には、このような信用機関への照会は行われませんので、ブラックリストに載っていようが載っていなかろうが関係なく作ることができるのです。

任意整理をしたり自己破産をした人でもデビットカードを作ることはできる?

ブラックリスト入りしている人の中には、滞納があるだけでなく、任意整理をしたり、自己破産をしたという人もいるでしょう。

特に、自己破産をすると日常生活にもいろんな制約が出てしまって、新たに銀行口座を作ったりデビットカードを作ることなんてできないんじゃないかと思っている人もいるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。

たとえ任意整理・自己破産をしていたとしても、デビットカードを作る際にその信用情報を照会して審査することはありませんので、問題なくデビットカードを作ることができるのです。

銀行のカードローンを滞納している場合、その銀行のデビットカードを作ることはできる?

では、自分が作りたいと思っているデビットカードの銀行でカードローンを滞納している場合はどうでしょうか?

たとえば、三井住友銀行のカードローンで長期の滞納があって、ブラックリストに載っているとしましょう。その状況で、三井住友銀行のVISAデビットカードを作ることは可能なのでしょうか?

この場合は、たとえJICCなどの外部機関に信用情報の照会をしなくても、銀行内部のデータベースに情報がありますので滞納の事実が分かってしまう可能性がありますよね。

これに関して、三井住友銀行三菱東京UFJ銀行に電話をして確認してみたところ、いずれも、

デビットカードを作る際には審査をしないので、滞納を理由に作成を断るということはない

という回答でした。

ただ、地方銀行などの中には「口座開設の際に情報を参考にする可能性がある」というところもあったので、どうしても心配ならカードローンの滞納をしている銀行とは別の銀行で口座を開いてデビットカードを作るというのが確実ですね。

無職でもデビットカードを作れる?

現在仕事をしていない、または日払いの不定期のアルバイトしかしていない人の場合、デビットカードを作ることができるのでしょうか?

答えは「イエス」

デビットカードを作る際に、勤務先や年収などを聞かれることはありませんし、当然ですが在籍確認の電話がかかってくることもありません。

無職だろうと、年収が低かろうと、問題なくデビットカードを作れます

デビットカードを作れない人もいる!?

このように、ローンやクレジットカード・消費者金融で滞納している人や、債務整理をしている人、また無職の人でもデビットカードを作ることができます。

では、どんな人でもデビットカードを作ることができるのかと言うと、実はそういうわけではありません。

デビットカードを作るための条件

デビットカードを作るには、次の条件を満たしている必要があります。

15歳以上であること(ただし、中学生は作れないところもある)

*楽天銀行のデビットカードは16歳以上

その銀行に口座を持っていること(ない場合は開設すること)

*そのためには、住所・氏名・生年月日などが記載してある身分証明書で本人確認は必須

こんな人はデビットカードを作れない

まず、中学生以下だと問答無用でデビットカードは作れないということになります。

そして、銀行口座を開設できない人もデビットカードを作ることができません

銀行口座を作れない人というのは、

本人証明ができない人(住所不定、身分証明書がないなど)

暴力団関係者など反社会的勢力

過去に自分の口座が犯罪などに使われている場合(闇金に口座を取られた人など)

以上のケースに当てはまる人は、審査がないデビットカードでも作成することができないということですね。

独自審査があるデビットカードもある

と、ここまで「デビットカードは審査がない」ということを繰り返しお伝えしてきたわけですが、実は中には例外があります。

西日本シティ銀行:NCBデビット

VISAデビットを提供している西日本シティ銀行では、提携している九州カード(クレジットカード)が審査を行うとのことです。

スルガ銀行:SURUGA Visaデビット

スルガ銀行も、デビットカードを作る際に独自の社内審査を行っています。実際、私はデビットカード作成時に「電気料金の領収書」を提出するように言われました。

イオン銀行:イオンデビットカード

また、イオン銀行は独自の「バックアップサービス」という立て替えシステムがあります。口座に残高がない場合でも一時的に10万円までは立て替えてもらえるという便利なサービスなのですが、そのためにクレジットカードに近い審査があります。

明確な審査基準というのは公表されていませんが、もし過去の滞納や任意整理・自己破産などで不安がある人は、これ以外のカードを作った方がいいですね。

ブラック・任意整理・自己破産をした人におすすめのデビットカードは?

基本的には「審査なし」を謳っているデビットカードは、ブラックでも、任意整理や自己破産をした人でも、もちろん無職で年収ゼロでも作ることができます

そんな中でも、もっとも安心して作れるおすすめのカードは、

三井住友銀行のSMBCデビット(VISA)

年会費無料、審査なし、VISAなので使えるお店が多い

楽天JCB デビットカード(JCB)

年会費無料、審査なし、ポイント還元率(楽天ポイント)が高い(1%)

セブン銀行デビット付キャッシュカード(JCB)

年会費無料、審査なし、ポイント還元率(nanacoポイント)が高い(最大1.5%)

そして、もし銀行のカードローンの長期滞納がある場合は、その銀行以外で新たに口座を開いてデビットカードを作ればさらに安心。

ブラックでも、任意整理や自己破産をしていても、これでほぼ100%デビットカードを持つことができます。

▼デビットカードについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

>>クレジットカードを作れない!そんな人は「デビットカード」を1枚作ろう

>>デビットカードはどれがいい?クレジットカードが作れなくても持っておくべき厳選定番カード

記事下リンクユニット広告
スポンサーリンク
レクタングル大(記事下)
レクタングル大(記事下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする