【スマホ】携帯代を滞納していても、他社なら新規の契約はできる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お金が足りなくて携帯料金が払えない」

スマホ・携帯の料金を期日までに払わないと、まず回線が止められて電話やネットが使えなくなります

>>スマホ・携帯料金が払えない!回線を止められて強制解約になるのはいつか調査

さらにそれでも払わずにいると、最初の期限から3か月後くらいには強制的に「解約」になってしまうんです。

今どき家に電話を引いていない人も多いので、携帯が使えなくなると誰とも連絡が取れなくなって困る!というのが本音ですよね。

「電話が使えないのは困るけど、お金がなくてどうしても払えない場合はどうしたらいいの…?」

携帯電話会社に相談してみても、待ってくれる可能性は低いと思った方がいいでしょう。

しかも、万が一多少待ってもらえたところで、そのあとお金が用意できなければ意味はありません。「お金が用意できたときに払ってもらえればいいですよー」なんて言ってくれる会社はないですからね。

一度は待ってもらえても、二度目三度目は絶対に無理。

そして、一度強制解約になってしまったら、その携帯会社で回線を復活してもらえる可能性はほとんどありません

それならいっそ他の会社に乗り換えてしまって、2、3か月でお金を貯めてから滞納分を支払う、という方法をとってみてはいかがでしょうか。

ただ、ここで疑問になるのが、

「今の携帯会社で未払いがあるのに、他の携帯会社で新規の契約はできるの?」

ということですよね。

そこで、この記事では、

携帯の未払いがある場合でも別の携帯会社で契約できるのか

そもそも携帯代金が未納だとブラックリストに載ってしまうのか

などについて詳しく説明していきます。

連絡手段がなくなるのは困るけど、今すぐに携帯代を払うことができないという方でも、スマホを使い続ける方法はあります。

なので、あきらめずに最後までよーく読んでみてください。

回線が止まっているだけで強制解約にはなっていない場合

回線は止められているけど強制解約にはなっていないなら、まだ他の携帯会社に乗り換えられる可能性はあります。

ただ、その場合、今までと同じ電話番号を使う「ナンバーポータビリティ(MNP)」ではなく、新規での契約(新しい電話番号を発行してもらう)にした方がいいでしょう。

というのも、回線が止まっている状態=料金の未払いがあるということ。

未払いが残っている状態で、MNPを行うのに必要な予約番号を、もとの携帯会社がホイホイと発行してくれるとは限らないからです。

ただ、強制解約になっていない段階なら、あなたの「未納情報」が他の会社に共有されている可能性は低いと言えます。

ですので、もし絶対に絶対に携帯・スマホがないとマズい場合は、この段階で別の会社で契約するのがおすすめ

とは言っても、前の携帯会社の滞納は消えるわけではありません。遅くても回線が止められてから1か月以内には、滞納分の支払いを済ませた方がいいでしょう。

というのも、強制解約になってしまうといろいろ大きな問題が出てくるからです。

滞納を続けて強制解約になってしまった場合

滞納して回線が止められたあとも料金を支払わず、強制解約になってしまった場合は注意が必要です。

携帯電話会社が加盟しているTCAという信用情報機関があって、そこに「未払い」の情報が載ってしまうんです。

大手の携帯会社はこのTCAに加盟しているので、新規で契約をしようと思っても審査の段階で「他社で未払いがある」ことがバレます

そうなると、ほぼ契約は無理。

ただ、TCAの未払い情報は、支払いを完了すればすぐに消えます

なので、

強制解約になってしまったけど、どうしても他社で携帯の契約をしたい

という場合には、どうにか未払い分を支払ってから他社に契約を申込みましょう

未払い分が支払われない限りは、他社での契約はできないと思っておいた方がいいですね。

分割払いの機種代も未払いの場合はブラックリスト入り

一番最悪のパターンが、機種代を分割で払っていて、滞納したときにその機種代がまだ残っている場合

この状態で強制解約になってしまうと、携帯電話会社で新規の契約ができなくなるだけでなく、クレジットカードやローンが組めなくなる「ブラック」扱いになってしまうんです。

機種代を分割で払っているというのは、実は「ローン」を組んでいるのと同じことなんです。

なので、ローンの返済ができずに滞納していることになって、上に書いたTCAだけじゃなく、CICやJICCという信用情報機関にもブラックリストとして載ってしまうということ。

CICやJICCは、クレジットカードや銀行なども契約時に照会する情報機関なので、ここにブラックリストとして載っているとクレカが作れなかったり、ローンが組めなかったりということもあり得ます。

たかが携帯代…と思っていると、意外とリスクは高いということは覚えておきましょう。

強制解約になっても、別の携帯会社で新たに契約する方法はないの?

TCAやCIC、JICCなどのブラックリストに載ってしまうのはもうしょうがない、でもとにかく携帯がないと生活が成り立たない…

そんな方もいると思います。

強制解約になる前ならまだ他の会社で契約できる可能性は高いけど、強制解約になってしまったあとは無理

と書きましたが、強制解約になって滞納分を未払いのままでも、どうにか携帯を持つ方法はないのでしょうか??

ドコモ・au・ソフトバンクの場合

3大キャリアと言われるドコモ・au・ソフトバンクのどれかで携帯料金を滞納し、契約が強制解除になった人の場合、他の3大キャリアで新たに契約をするのは残念ながらどうやっても無理です。

審査のときにTCAの情報を絶対に見るので、何かの手違いがない限り契約できることはないでしょう。

格安スマホ(格安SIM)の場合

携帯の滞納情報が載ってしまうTCAには、ドコモ・au・ソフトバンクの3社だけでなく、UQモバイルなど「格安スマホ」でも加盟している会社があります。

ただ、格安スマホの場合は、3大キャリアと比べると審査が少しゆるいところもあるようです。

審査基準が明確でないので100%とは言えないのですが、

楽天モバイル
U-mobile

などはTCAに情報が載っている「携帯ブラック」でも審査が通りやすいという情報もあります。

申込むだけならだれでもできますから、どうしてもスマホが必要な人は、格安スマホに申し込んでみるのがいいでしょう。

審査が通る可能性は十分にあります。

格安スマホはクレジットカードがないと契約できない?

格安スマホの中には、クレジットカードがなくても契約できる会社もあります。

口座振替やデビットカードでの決済ができる会社は、

楽天モバイル⇒楽天銀行のデビットカードと口座振替がOK

UQ mobile⇒口座振替がOK

Y!mobile⇒口座振替がOK(店頭で申込んだ場合のみ)

TONE mobile⇒口座振替がOK(店頭で申込んだ場合のみ)

LINE mobile⇒プリペイドカードやLINE Payでの支払いがOK

ただし、機種代は一括払いでないとダメなところがほとんどです。

端末を新品で買うと安くても3万円台、高いものだと8万9万します。お金がないなら新品はあきらめて、SIMフリーの端末を中古で買って(1万円台からあります)、回線(SIM)だけを契約するのがベストですね。

携帯代の未払い&強制解約でも、携帯・スマホを使い続ける方法まとめ

上で紹介した「格安スマホを使う」という方法+それ以外でも携帯・スマホを持ち続ける方法をまとめました。

格安スマホに片っ端から申し込んでみる

まず一度試してほしいのが、格安スマホです。

ドコモ・au・ソフトバンクと比べると審査基準がゆるめなところもあるようなので、とにかくダメ元で申し込んでみること。

ただ、携帯代が未払いで強制解約になっている人の多くは「クレジットカードがない」場合が多いと思うので、その場合は機種代を一括で払うか、自前で安い中古の端末を用意して、SIMだけを契約するのがおすすめです。

また、クレジットカードがない人は、デビットカードを1枚作っておいた方がいいでしょう。

>>デビットカードはどれがいい?クレジットカードが作れなくても持っておくべき厳選定番カード

月々の使用料がクレカ払いしかダメという会社でも、デビットカードで通る可能性もあるからです。

プリペイドのスマホを使う

格安スマホも全滅、どこも審査に通らなかった…という人は、プリペイドスマホを使うという手もあります。

2018年現在だと、プリペイドのスマホを扱っているのはソフトバンクだけ。「シンプルスタイル」という名前です。

*ドコモやauではプリペイドスマホの取り扱いはありません。

プリペイドスマホの特徴は、料金が前払い制ということ。

また、月額の基本料金はかかりません

ただ、その分、通話料とデータ使用料はかなり高い料金設定になっいて、

通話料:1分あたり85.8円(一般的な通話料は1分辺り21円くらいなので、かなり割高)

データ通信料:2日で900円(200MB)、7日で2,700円(700MB)、30日で4,980円(3GB)

料金の前払いは、ソフトバンクプリペイドカードを購入してチャージすればOK。チャージしてある分だけ使えるというかんじです。

通話料はかなり高いので、格安スマホでもどこも審査通らないという人向けですね。あまりいないと思いますが。

親や兄弟姉妹に契約者になってもらう

自分が契約者にならずに、親や兄弟・姉妹などに事情を説明して代わりに契約者になってもらうという方法もあります。

契約者=親や兄弟姉妹

利用者=あなた

で契約・登録をすれば、名義は親や兄弟姉妹になりますが、料金の請求は利用者のあなたに直接届くようになります。

この場合、必ず守らなくちゃいけないのは、今度ばかりは絶対に料金の滞納をしちゃダメ!ということ。

あなたが携帯代を滞納すると、契約者である親や兄弟姉妹の信用情報に傷がついてしまうからです。支払いを滞納し続けると、親や兄弟姉妹が携帯ブラックになってしまいます。

また、期限までに支払わないと、契約者の方にも連絡がいきます。払っていないとすぐに家族にバレてしまいます。

契約者に迷惑をかけないためにも「今度は絶対に遅れずにちゃんと支払う」と約束ができる場合だけ、家族に「代わりに契約してもらえないか」と相談してみてください。

スマホを持ち続けることができたら、今度は絶対滞納しないようにしよう!

上にあげた方法でなんとかスマホを持ち続けることができたら、今度は絶対に料金を滞納しないようにしましょうね!

あちこちで滞納を繰り返すと、だんだんと選択肢は少なくなって、最終的には本当にスマホを持つことができなくなってしまいます。

そのためにも、携帯代が節約できる格安スマホを使うというのが一番おすすめ。

毎月の利用料支払いが少なくなれば、負担も減りますからね。

記事下リンクユニット広告
スポンサーリンク
レクタングル大(記事下)
レクタングル大(記事下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする