浅草で超ふわとろパンケーキが食べられる「紅鶴」!整理券は何時から配布?

和洋中なんでもありの浅草ですが、意外にも今まで本格的なお店がなかった「パンケーキ」。

もちろん、カフェや喫茶店などでおいしいパンケーキを食べられるお店はあるんですが、専門店というのがなかったんです。

2017年8月にオープンした「紅鶴」は、そんな浅草の新名物になりそうな絶品パンケーキ専門店。

浅草観光で歩き疲れたときに食べると、とろけるようなパンケーキで心も胃袋も癒されること間違いなし!

なんですが、実はこの紅鶴、あまりにも人気でその日の分がすぐに完売してしまうんですよね。

せっかく浅草に行ったから紅鶴でパンケーキ食べようと思ってお店に行くと、店頭には「完売」の文字が…

なんてことも。

そこで、ここでは「超ふわとろ」の紅鶴パンケーキを実際に食べたレビューに加えて、どうやったら整理券を手に入れられるのかその方法をご紹介していきます。

和風でおしゃれな店構え

まずは、お店の紹介から。

パッと見たかんじ、パンケーキ屋さんとは思えない落ち着いた店構えになっています。

場所は、国際通り沿い(浅草ROXの通り)で、雷門から徒歩で6~7分くらいです。TXの浅草駅や地下鉄銀座線田原町駅からだと5分くらいのところですね。

店内は、これまたパンケーキ屋さんとは思えないカウンター席で、パンケーキを焼く厨房を囲むようにL字型の作りになっています(全部で12席)。

メニューは全部で5種類の少数精鋭

基本のパンケーキは「蜂蜜とバター」800円。これにホイップクリームやバニラアイスなどのトッピングを追加することができます。

そして、この基本のパンケーキ以外に、

ベーコンと目玉焼き

 柑橘果実のカスタードソース

 炙りバナナのチョコナッツソース

 大納言と黒蜜の黄粉抹茶

の4種類のパンケーキがあります。

それぞれ「しょっぱい系」「さっぱり系」「こってりスイーツ系」「和風系」といったように、テイストがまったく異なる4種類から選べます。

今回は、スイーツの王道的組み合わせの「バナナ&チョコソース」を頼んでみました。

*ちなみに、ドリンクはパンケーキとセットで頼むと300円引きになります。パンケーキ専門店でビールが飲めるのは浅草らしいかも(笑)

1枚ずつじっくり焼く職人的ふわっふわパンケーキ

注文してから待つこと約20分で「炙りバナナのチョコナッツソースパンケーキ」が運ばれてきました。

1枚ずつじっくり丁寧に焼き上げるスタイルなんで、混んでいるときは少し待ち時間も覚悟しておいた方がいいかもしれません。

直径10cmちょっとくらいのパンケーキ3段重ね。そこにたっぷりの「炙りバナナ」とたっぷりのチョコソース、そしてこれまたたっぷりのナッツが乗っています。

バナナは本当にちゃんと炙ってあるので、香ばしい風味だけど甘みが引き立ちます。

パンケーキは米粉ときび粉をメレンゲに包んで焼き上げるというタイプだそうで、フワッフワなんだけどモチっとしているという不思議な食感です。そして、口に入れるととろけるくらいなめらか

生地は白く、「ふわもちとろり」の理想的なパンケーキですね(笑)

また、見た目はかなりこってり系なんですが、パンケーキ自体はそんなに甘くないのでパクパクいけちゃいます。バターの塩っ気がいい具合にきいているのもポイント。

分厚い3枚重ねのパンケーキでもペロリと平らげてしまえる美味しさです。

整理券をゲットするには朝から並ぼう!

この超ふわとろのパンケーキを食べるには、開店前に配る整理券を手に入れなければなりません。電話での予約は不可。

整理券配布開始は、朝の8時30分からです。

注意したいのは、前金制になっていること。整理券と引き換えにお金を前払いしなければなりません。

そして、整理券をもらったときに、希望の時間で予約を入れます。

予約できる時間は、一番早い時間で午前10時15分~最終が午後6時40分

ちなみに、土日祝日などは朝8時の段階ですでに並んでいるお客さんがいるようです。平日なら8時半でも間に合うかも。

かなりの激戦であることは間違いないので、気合入れて整理券をゲットしましょう!

大人でも男性でも入りやすい!

パンケーキブーム大旋風の中でついに浅草にも専門店が登場ということで、パンケーキ好きとしては嬉しい限り。

ただ、パンケーキ専門店というとどうしても「若い女の子であふれてる」というイメージがあって、男性とか大人の方なんかは入るのを躊躇してしまうこともあるかもしれません。

その点、「紅鶴」は大人でも男性でも入りやすいんです。

店構えも、店内の雰囲気も、そして職人さんっぽいお店の人も、すべてひっくるめて老若男女関係なく気負わずに入れる感じはすごくいいですね。

パンケーキ専門店でありながら、浅草テイストがちゃんとあるからでしょう。

もちろん浅草うんぬんは抜きにしてもふつうに美味しいので、「いつも原宿でパンケーキ食べてる!」という玄人さんも、逆に「流行りのパンケーキってどんな感じか一度食べてみたい」という初心者さんも、ぜひ一度「紅鶴」のパンケーキを味わってみてください!

紅鶴

東京都台東区西浅草2-1-11

TEL:03-3841-3910

営業時間:10時15分~最終18時40分(水曜休)

こちらの記事も合わせてどうぞ!

・【浅草土産】仲見世の「人形焼き」を全部チェック!焼きたてが食べられるおすすめ店を紹介

・浅草の新名物メロンパン!「花月堂」と「アルテリア・ベーカリー」どっちを選ぶ?

・浅草・仲見世通り&伝法院通りで激うま「買い食い」のススメ!食べ歩きは禁止なので注意

記事下リンクユニット広告
スポンサーリンク
レクタングル大(記事下)
レクタングル大(記事下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする