ブラックでも部屋を借りれる?賃貸契約の審査に通る方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋を借りるとき、契約する際には必ず「審査」があります。

不動産屋を通して部屋を借りるなら、審査は避けてとおれません。

そこで心配になるのが、借金やクレジットカードの支払いを滞納していわゆる「ブラックリスト」にのっている人でも、賃貸契約の審査に通ることはできるの?ということ。

「もっと家賃が安いところに引っ越したいけど、審査で落ちるかも…、ブラックだってバレるかも…」

なんて思うと、気軽に引っ越しなんてできませんよね。

実は、賃貸契約の審査には、ブラックでも通る場合と通らない場合があるんです。

そこで、ここでは

ブラックでも賃貸契約の審査に通る方法

について詳しく説明していきます。

ポイントは、「保証会社」です。

賃貸契約の審査に通る方法2つ

ブラックでも賃貸契約の審査に通るには、2つの方法があります。

 連帯保証人をたてる

保証会社は「信販系」以外を使う

一番確実なのは、収入がちゃんとある連帯保証人を立てること。

この場合、大家さんと不動産会社が審査することになるのですが、審査で見られるのは、

あなたの収入&連帯保証人の収入

がメインです。

(もちろん、勤務先や勤続年数なども調べられますが、ふつうの会社で働いていればそれで落ちるということはまずないでしょう)

連帯保証人というのは、あなたが家賃を払えなくなったときに滞納分を穴埋めしてもらうために立てるもの。

なので、親や兄弟などの親族で、ちゃんと収入がある人を連帯保証人として立てれば、審査は問題なく通るでしょう(あなたの収入もちゃんとある場合)。

ただ、どうしても連帯保証人を立てられないという人もいると思います。

*また、最近では「保証会社必須」の物件も増えています。

そんな場合に利用するのが「保証会社」なんですが、このときにどの保証会社を使うかによって、ブラックでも審査に通るか・通らないかが決まります

保証会社は何十社もあるのですが、「信販系」の保証会社を使うと、ブラックの人の場合は審査に通らない可能性がとても高くなってしまうのです。

信販系の保証会社って?

信販系の保証会社というのは、クレジットカードなどを発行している信販会社のこと。

信販系の保証会社には、

株式会社アプラス

株式会社エポスカード

株式会社オリエントコーポレーション

株式会社ジャックス

株式会社クレディセゾン

株式会社セディナ

あんしん保証株式会社(ライフカード)

などがあります。

ブラックになっている人の中には、これらの会社のクレジットカード支払いやカードローンを滞納しているなんて人もいるのではないでしょうか。

こうした信販系の保証会社を利用している物件の場合、ブラックだとまず審査に通らないと考えた方がいいでしょう。

というのも、これらの会社は賃貸契約の審査をするときにも「CIC」とか「JICC」など信用情報機関の情報を見て判断するからです。

ブラック=CICやJICCの信用情報機関に、延滞などの情報が載っている人

のことなので、この情報を見れば、あなたがブラックだとバレてしまいます。

保証会社は、万が一あなたが家賃を滞納したときに支払いを肩代わりしなくてはなりません。そして、その肩代わり分をあなたから取り立てます。

なので、もしあなたが「ブラック」だということが分かったら、まず契約は無理、審査で落とされるでしょう。

ブラックでも審査が通る可能性が高い保証会社

連帯保証人がどうしても立てられない人は、信販系以外の保証会社を使える物件で契約をしましょう。

保証会社には、信販系以外に「全国賃貸保証業協会」「賃貸保証機構」「独立系の保証会社」があります。

信販系以外の保証会社は、CICやJICCなどの信用情報機関を見ることができないので、あなたがブラックということはバレません

全国賃貸保証業協会の保証会社

アーク株式会社

株式会社アルファー

エルズサポート株式会社

株式会社オリコフォレントインシュア

株式会社近畿保証サービス

興和アシスト株式会社

ジェイリース株式会社

全保連株式会社

賃住保証サービス株式会社

ニッポンインシュア株式会社

ホームネット株式会社

株式会社ランドインシュア

株式会社レジデンシャルサービス

賃貸保証機構の保証会社

ALEMO株式会社

株式会社Casa

日本セーフティー株式会社

ハウスリーブ株式会社

フォーシーズ株式会社

独立系の保証会社

アールエムトラスト株式会社

株式会社イントラスト

SFビルサポート株式会社

株式会社オーロラ

株式会社CAPCO AGENCY

新日本信用保証株式会社

株式会社セブン総合保証協会

AAAホールディングス 株式会社総商

株式会社ナップ

日本賃貸保証株式会社

もちろん、これらの会社でも必ず「審査」はします。

なので、ブラックかどうか以外の部分(年収とか、勤続年数とか)で審査に通らない可能性はあります。

過去に家賃の滞納をしていた人は要注意!

もしあなたがクレジットカードや消費者金融の滞納でブラックなだけでなく、過去に家賃の滞納があった場合にはさらに注意が必要です。

当たり前ですが、滞納していたときに使っていた保証会社の審査はまず通りません(滞納していたことがあっても、保証会社を使わず連帯保証人を立てていたなら大丈夫)。

また、上にあげた全国賃貸保証業協会賃貸保証機構は、加盟会社間で情報の共有をしています。

加盟会社のうちどれかひとつの保証会社で滞納歴がある場合、同じ協会・機構に加盟している保証会社だと滞納歴を見られてしまって、審査に通らないということもあります。

保証会社は選べない!?

「じゃあ、信販系以外の保証会社を指名して契約すればいいね!」

「前に家賃滞納したときの会社とは別の保証会社にお願いすれば解決!」

と思うかもしれませんが、実は借主であるあなたの方から「保証会社をここにしてほしい」と指名して選ぶことはできません

どこの保証会社を使うか決めるのは、大家さんや不動産屋さん(管理会社)。

なので、気に入った部屋があったとしても、そこの保証会社が信販系なら、残念ながらあきらめないといけないでしょう。

大手賃貸管理会社のサイトで物件を検索すると、詳細画面で下のように保証会社を利用できるか(または必ず利用しなければいけないか)や、どの保証会社を使うかなどが書かれているものもあります。

こういった情報も参考にしながら部屋選びをするといいでしょう。

ただ、すべての物件でこのようにどこの保証会社を使うか記載しているわけではないので、もし気に入った物件があったら、問い合わせするときに「保証会社はどこですか?」と聞いてみるようにしてください。

まとめ

ブラックでも、賃貸契約の審査に通る方法はちゃんとあります。

ちゃんと収入のある親族を連帯保証人としてたてる

信販系以外の保証会社を使っている物件に申し込む

過去に家賃の滞納歴がある人は、そのときの保証会社以外を使っている物件に申し込む

行き当たりばったりで申し込むよりも、こうした戦略を考えて物件を探してみるようにしましょう。

記事下リンクユニット広告
スポンサーリンク
レクタングル大(記事下)
レクタングル大(記事下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする