プリペイドカードなのに後払い!?バンドルカードの「ポチっとチャージ」は金欠のときの救世主になる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードを作れない人でも、審査なしで作れるプリペイドカード。

クレジットカードの代わりに店舗やネットショップで使うことができますが、一般的には「先払い」が原則です。つまり、先にカードにお金をチャージしていないと使えないということ。

そんなプリペイドカードの中で唯一、後払いできる「神カード」があるんです。

それがバンドルカード

後払いOKなら、金欠のときにはとっても助かりますよね。

とは言え、本当にそんなうまい話があるのか、実は大きなデメリットが隠されているんじゃないかと思ったので、バンドルカードを実際に作って本当になんのリスクもなく「後払い」ができるのか調べてみました。

バンドルカードで本当に「後払い」はできるのか?

実は、バンドルカードでできるのは厳密に言うと「後払い」というよりは、

「ポチっとチャージ」機能を使って2万円まで「前借り」ができる

ということ。使う分を前もってお借りしてチャージするという感じですね。

もちろん借りたものは返さなくてはいけません。前借りしてチャージした分は翌月末までに返済することになります。

つまり、今手元に現金がなくても、2万円までなら翌月末払いでチャージして買い物ができるということ。

というわけで、さっそくこの「ポチっとチャージ」機能を使って前借り(=後払い)でチャージしてみることにしました。

ポチっとチャージで前借りする方法

まずはバンドルカードのアプリをインストール。

バンドルカードはこちらからインストールできます。

*iOSでもAndroidでもOK

アプリを立ち上げたら、さっそくアカウントを登録しましょう。

ユーザーIDとパスワードを決めて入力します。

続いて、生年月日と性別の登録。(未成年者は保護者の同意を得て登録しましょう)

電話番号を登録するとSMSで6桁の番号が送られてくるので、それを入力して認証を行います。

入力内容を確認したら登録完了。

バンドルカードが無事発行されました。

こちらがバンドルカードのトップ画面。画面下の「ポチっとチャージ」をクリックして、申し込んでみましょう。

まず最初に、「事前確認」の画面から「氏名」と「メールアドレス」を入力します(最初の段階では氏名とメールアドレスが空欄になっているため)。

*このとき、入力したメールアドレスに6桁の番号が届くので、その番号で登録確認を行います。

メールアドレスの登録が確認できたら、「ポチっとチャージ」申込み用のSMS認証を行います。

認証ができたら、ポチっとチャージを申込みます。

申込みの最終確認通知が出てきます。手数料と「あとで支払う額」をしっかり確認して、問題なければ「この内容で申し込む」を押して完了。

前借りした分が無事カードにチャージがされました。

ポチっとチャージに審査はある?

バンドルカードを作ること自体には審査はありませんが、実は「ポチっとチャージ」には独自の審査を設けているようです。

公式サイトのサポートページには、次のような記載があります。

お申込み時の審査の結果、弊社規定によりNGとなる場合がございます。
誠に恐れ入りますが、規定詳細についてはセキュリティ対策および不正対策のため、
一部事例を除き開示することができませんのでご了承ください。

NG事例の一部

一人で複数のアカウントを作成している
海外の電話番号を利用している
未成者が親権者の同意なく利用している
当社が不正検知を依頼している会社のシステムでNGとなった
※ 氏名と生年月日は必ず本人が正確に入力してください
※ 状況に応じて、チャージ上限金額を制限する場合がございます

実は、私が申し込んだときも、チャージ可能金額が満額の2万円ではなく「5,000円」になっていました。

おそらく家族のスマホで申し込んでしまっため(名義が違う)、このような上限がかかったのではないかと思うのですが、場合によってはポチっとチャージが利用できなかったり、私のように金額に上限が設けられる可能性はあります。

ただ、ふつうに自分のスマホで嘘偽りなく申し込めば2万円の申込みは通ると思われるので、「バンドルカードも審査があるんじゃ通らないかも…」と過度に不安がることはないでしょう。

ちなみに、バンドルカードはクレジットカードではないので、クレカ会社が見るような信用情報を見て審査をしているわけではありません。

あくまでも独自の基準で審査がされていて、たとえば過去にクレジットカードで事故歴があるから通らない、というようなことはないようなので、まずは気軽に申し込んでみるといいでしょう。

ポチっとチャージで前借りしたお金を返す方法

ポチっとチャージでお金を借りてチャージした分は、アプリトップの上部に「○○円支払ってください」と表示されます。

返済(支払い)する際には、ここをタップ。

ポチっとチャージの支払い画面になるので、画面下の「支払い方法を選ぶ」を選択。

ポチっとチャージで前借りした分の支払いは、「コンビニ払い」「ネット銀行払い」「銀行ATM(ペイジー)払い」の3つから選べます。

今回は、ネット銀行で支払うことにしました。

支払いに利用する銀行を選びます。都市銀行だけでなく、ゆうちょ銀行や地方銀行含めてかなり多くの銀行に対応しているようですね。

ここでは三菱UFJ銀行を選択。ここから先は、各銀行のネットバンキングのページに遷移して手続きを行います。

各銀行のネットバンキングで支払いが完了したら、バンドルカードに戻って「ポチっとチャージ」から「支払い」を選択してみてください。

「現在、お支払いはありません」となっていれば、返済が完了です。「過去の支払い一覧」をタップしてみると、支払いの履歴も出てきます。

当たりまえですが、前借りでチャージした分は期日までにちゃんと返済するようにしましょう。

支払い期日を過ぎてしまうと、

・カードの利用停止
・ポチっと申込み上限の制限
・第三者への債権譲渡
・支払期限の翌日から支払いに至るまでの、遅延損害金の請求

といった措置が取られてしまう場合があります。

バンドルカードの「ポチっとチャージ」を使って分かったメリット&デメリット

バンドルカード自体、作るのはとても簡単。アプリのみのバーチャルカードだけでいいなら、1~2分もあれば作れてしまいます。

そして、バンドルカードを作ってしまえば、「ポチっとチャージ」への申込みもすごく簡単です。

金欠の際には、とても大きな助けになることは間違いないはず。

ただ、手数料の金額がそこそこ大きいというデメリットもあります。

もしあなたがバンドルカードの「ポチっとチャージ」を使って2万円前借りしたとしましょう。

もちろんこの2万円を返済しなくてはいけないのですが、返済時には800円の手数料がかかります。

つまり、20,800円を返済しなければいけないんですね。

*具体的には、3,000円~10,000円までの前借りには500円、10,001円~20,000円までの前借りには800円の手数料がかかります。

これは4%(2万円前借りチャージした場合)~16%(3,000円前借りチャージした場合)の利息と同じ負担になります。しかも、年利ではなく月利(支払い日は翌月末なので)。そう考えると、まあまあ高いです(笑)

ただ、繰り返しになりますが、手元に現金がなくても支払いを先延ばしにして2万円分の買い物ができるというのは大きなメリットですので、一時的に金欠の場合などには非常に助かるはずです。

メリット

クレジットカードが作れない人でも簡単にクレカ代わりになるVISAのプリペイドカードを作れる

現金がなくても2万円まで後払いで買い物できる

デメリット

「ポチっとチャージ」の返済(後払い)時に手数料がかかる

金融機関やクレカ会社のような審査はないが、独自の審査があって利用がNG/上限金額が制限されることもある

バンドルカードは作った方がいい?

金融事故歴があってクレジットカードを作れない人なら、代替品としてデビットカードかプリペイドカードを1枚は持っておきたいですよね。ネットショッピングなどの支払いには、なんだかんだ言ってもクレジットカードかそれに代わるカードが必要です。

そういう意味では、プリペイドカードであるバンドルカードも選択肢になるでしょう。

そして、バンドルカードが他のプリペイドカードやデビットカードと大きく違うのが、「ポチっとチャージ」で後払い(厳密には前借り)ができるということ。

急な出費で手元に現金がないけど、買い物をしたいという人にとっては、とても大きな助けになるはずです。

ただし、上にも書いたように手数料がかかるということもお忘れなく。

2万円前借りでチャージしたら手数料は800円、翌月末までに20,800円で返済しなければなりません。

それさえOKならば、いざというときのためにバンドルカードを作っておくというのはアリでしょう。

>>バンドルカードを使ってみる
*1~2分で簡単に登録できます。iOSでもAndroidでもOK

記事下リンクユニット広告
スポンサーリンク
レクタングル大(記事下)
レクタングル大(記事下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする