「納豆好き」も「納豆嫌い」も一度は試してほしい!変わり種納豆や加工食品を実食レポート

日本人の食卓に必要不可欠な存在とも言える「納豆」

毎日1パックは必ず食べてるよ!という方も多いと思います。

それだけ「当たりまえ」の存在となっていて誰もが食べたことがある納豆ですが、不思議なことに、ほとんどの人は「ノーマルな納豆」しか食べたことがないのではないのでしょうか?

一般的に納豆の種類と言えば、

極小粒納豆

小粒納豆

中粒納豆

大粒納豆

ひきわり納豆

と、せいぜい大豆の大きさに違いがあるくらいですよね。

あとは、トッピング(ネギとか、大根おろしとか、大葉とか)にこだわるくらいでしょう。

ですが、実は他にももっと変わり種の納豆があったり、加工された納豆もあるんです。

そこで、ここでは、納豆好きの方に一度は挑戦していただきたい、そして、納豆が苦手な人でも食べやすい、そんな変わり種納豆&納豆加工食品をご紹介していきます。

実際に食べてレポートもしていますので、気になる納豆があれば参考にしてみてください。

そぼろ納豆(しょぼろ納豆)

納豆好きを名乗るなら、絶対に食べておかなくてはいけないのが、この「そぼろ納豆」です。

茨城県人にとっては、納豆と言えば「ふつうの納豆」と「そぼろ納豆」があるのが常識。

茨城以外ではそぼろ納豆を食べない(というか、スーパーとかに売ってない)と知ったときはかなりのカルチャーショックでした。茨城では、どんな小さなスーパーでもそぼろ納豆を売ってますからね。

「そぼろ」とは言っても、お肉のそぼろが入っているわけではありません。切り干し大根が入っている納豆のことなんです。

豆の大きさは基本は小粒~極小粒。濃い目の味がすでについています。

切り干し大根のおかげで、単体で食べる納豆よりも「くどさ」がないので、ごはんにかければそぼろ納豆だけで何倍でも食べられます

大根のシャキシャキとした歯ごたえと納豆の粘りが絶妙なコントラストで絡み合い、おかず感覚で食べられる納豆ですね。

臭いや粘りは強め(今回食べた「天狗納豆」のそぼろ納豆はそれほど粘りは強くありませんでしたが)。

言葉で説明するよりも、とにかく食べてみてほしい本気のイチオシ納豆です笑

created by Rinker
おかめ本舗
¥2,100 (2018/08/20 01:37:13時点 Amazon調べ-詳細)

山形の郷土料理!塩納豆

山形県の郷土料理である「塩納豆」

納豆に塩、麹、昆布などを混ぜて作られたものです。

納豆も麹もどちらも発酵食品なので、健康には抜群によさそうですね。

ふつうの納豆と比べるとちょっとドロっとしています。粘り気よりも、ぬるぬるした感じ

麹のおかげで味はほんのり甘く、昆布の出汁がよくきいています。納豆独特の強い臭いは若干緩和されているかんじです。

アツアツのごはんにかけて食べれば最強ですね。

豆の粒は大きめ(中粒~大粒)でとても柔らかく、後味はさっぱり。

納豆のネバネバは苦手だけど麹の味は好きという方にはぴったりの納豆です。

>>酒田の塩納豆

乾燥納豆

名前のとおり、納豆を乾燥させたもの

乾燥納豆の種類は幅広く、質実剛健な「乾燥させただけの納豆」から、フリーズドライで料理に使えるようなものコンビニでスナックとして売られているものまで、バリエーションは豊富です。

共通しているのは、

乾燥しているので、ネバネバしない

臭いが抑えられている(ほとんど臭わないものもある)

おやつ感覚で食べられる

ということ。

健康のために納豆を食べたいけど、実はあの粘り気や強烈な臭いが苦手…という方にこそピッタリの加工納豆です。

それぞれの乾燥納豆について見ていきましょう。

ほし納豆

こちらは、天狗納豆から発売されている「ほし納豆」。

極小粒の納豆をそのまま干したもので、食感が柔らかいのが特徴(干しぶどうみたいな食感)。

味はしょっぱめ。塩味と納豆の味のみで、昔ながらの素朴な味になっています。

created by Rinker
天狗納豆
¥799 (2018/08/19 12:44:25時点 Amazon調べ-詳細)

フリーズドライの乾燥納豆

宮城県にある60年以上の老舗納豆会社「川口納豆」から発売されている、フリーズドライの乾燥ひきわり納豆

食感はサクサク。

オムレツやパスタ、チャーハンなどの具材としても簡単に使えるのでとても便利です。

味付けはされていないので、納豆そのままの素朴な味を楽しめます。塩分控えめなので、ダイエット中のおやつにもピッタリですね。

created by Rinker
川口納豆
¥1,580 (2018/08/20 09:01:52時点 Amazon調べ-詳細)

コンビニで買えるフリーズドライ納豆

カンロから発売されている「プチポリ納豆」

ヘルシーなスナック感覚で食べられるフリーズドライの納豆です。サクサクした食感。

臭いはほとんどしませんが、味はしっかり「納豆感」たっぷり。会社で小腹がすいたときにちょっと食べるおやつとしてもいいですね。

created by Rinker
カンロ
¥778 (2018/08/20 08:46:55時点 Amazon調べ-詳細)

番外編1:テンペ

「インドネシアの納豆」なんて言われることもあるのが、この「テンペ」

大豆をテンペ菌で発酵させて固めた食べ物です。

日本でも、自然食とかベジタリアン向けのレストランなんかで、お肉の代わりに「テンペステーキ」のような形で食べられるところがあります。

栄養成分的には納豆に近い超優良の健康食ですが、納豆のような粘りや臭みはありません

そういう意味では、納豆好きにはちょっともの足りないかもしれませんが、一度は食してみる価値はあるでしょう。

食べ方はいろいろ。焼いて食べるもよし、煮て食べるもよし、そのまま食べるもよし。

今回買ってみたのは、「生テンペ」とふつうの「テンペ」

↓こちらが生テンペです。

「そのまま食べても美味しい」とあったので、せっかくなのでテンペそのものの味を楽しむために何の味付けも調理もせずに食べてみました。

大豆の間にある白いふんわりした何かがちょっと怖いんですけど(笑)、とにかく一口パクッと食べてみると、味は「大豆」そのままです(笑)

そして、発酵してあるとは思えないくらい、(納豆のような)強烈な臭いは一切ありません。味も臭いもとっても淡泊

「納豆好き」というよりは、「大豆好き」の方にぴったりの食品ですね。

逆に考えれば、納豆が嫌い、あの臭いがちょっとでもするだけで無理!という人でも、テンペなら余裕で食べられるはずです(大豆さえ食べられれば)。

納豆嫌いの方にとっては、優秀な代替品になりますね。

ただ、納豆好きの私にとっては、テンペそのままでは味がちょっと物足りなかったので、焼いて食べてみることにしました。

フライパンに油をひいて、テンペを焼くだけ。味付けは塩コショウのみで食べてみます。

カリッと焼き上げると、香ばしくて満足度アップ。食べごたえもあります。

これなら十分におかずとしても成り立ちますね。

created by Rinker
マルシン食品
¥1,195 (2018/08/20 01:37:14時点 Amazon調べ-詳細)

番外編2:納豆卵(!?)

上で取り上げた「フリーズドライ納豆」を発売している「川口納豆」から、納豆卵というものが発売されているのを発見。

納豆卵って何??と思う方がほとんどだと思いますが、卵を納豆菌で発酵させたとかそういうイロモノではないので安心してください。

エサとして納豆を与えた鶏から取れた卵です。

ゆで卵にして食べてみましたが、当たりまえですが納豆くささもありませんし、ネバネバもしていません(笑)

黄身もしっかり詰まっていて、ふつうに美味しい卵でした。

納豆は奥が深い!いろんな変わり種納豆を食べてみよう

納豆のあの独特な臭いや粘りが大好きという人⇒そぼろ納豆や塩納豆でさらに奥深い納豆の世界を味わえる

納豆が苦手な人⇒乾燥納豆やテンペのように「クセ」がない加工食品(テンペはまた別ものですが、栄養素はほぼ同じなので)なら無理なく食べられる

このように、納豆大好きな人もそうでない人も、ちょっと目線を広げるだけでより美味しく健康的な納豆とのかかわり方ができますので、一度こうした変わり種&加工食品に挑戦してみることをおすすめします!

ふつうの納豆で美味しいのはどれ?とお悩みの方は、こちらの記事もチェックしてみてください。
▼ ▼

>>お値段が高い納豆は美味しいのか!?生粋の納豆県人が10種類の納豆を食べ比べ!

記事下リンクユニット広告
スポンサーリンク
レクタングル大(記事下)
レクタングル大(記事下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする