クレジットカードが苦手な人でも三井住友VISAカードなら安心・満足できる理由

キャッシュレスで簡単に支払いができるクレジットカードですが、中には「悪用されたら怖い」「借金を負わされるような気がして怖い」という理由でクレジットカードを持たない人もまだまだ多いようです。

確かに、ニュースなどでも頻繁に企業によるクレジットカード情報の漏えい問題が取り上げられたり、実際に不正利用の件数が年々増えているという現実を目の当たりにすると、「クレジットカードは苦手」と思う気持ちも理解できます。

その一方で、クレジットカードには現金払い以上のメリットがあるのも事実。

セキュリティ面の不安がなく安全に使えて、さらにその上で現金払いよりもお得に使えるクレジットカードがあればどうでしょう?使ってもいいかなと思いますよね?

そこで、ここでは、セキュリティ面が不安でクレジットカードを作らずにいた人たちにもおすすめできる三井住友VISAカードをご紹介します。

どうして三井住友VISAカードならクレジットカードが苦手な人でも満足できるのか、そのポイントをご説明していきましょう。

三井住友VISAカードの不正利用検知システムは業界最高水準

私の元会社の同僚で、以前三井住友VISAカードを盗まれて、知らない間に大きな買い物をされていたというケースがあります。

財布とは別のカードケースに入れておいたため、クレジットカードが盗まれたことにしばらく気づかなかったようなのですが、三井住友VISAカードからの電話で盗難が発覚したそうなんです。

自宅や職場からはほど遠い場所にある家電量販店でパソコンとテレビで合計30万円近い買い物の決済がそのカードでされていて、おそらくそれが不自然な買い物として「不正利用検知システム」に引っかかって連絡が来たんですね。職場で電話を受けた同僚は、そのとき初めてカードケースごとなくなっていることが分かって、真っ青な顔で警察に盗難届を出しに行きました。

数日後に、家電量販店の防犯カメラから犯人も割り出されたようです。

これは、三井住友VISAカードからの迅速な対応があったからこそ、すぐに解決できた事例だと言えるでしょう。そのまま不正利用が発覚しなければ、カードの請求書が来てはじめて盗難に気づく、ということも考えられますからね。被害が大きくなっていた可能性もあります。

三井住友VISAカードがこうした不正利用に対して素早い対応ができる理由というのは、業界最高水準の不正利用検知システムを持っていて、24時間365日カードの利用状況をモニタリングしているため。

少しでも怪しい利用が確認されたらすぐに取引を停止したり、所有者に確認がいくようになっているのです。

実際に私の元同僚も不正利用にあったあと、

「こんな経験初めてで、三井住友VISAカードから『30万円の不正利用があったようです』と言われたときは正直血の気が引いたけど、こうやって実際に素早く対応してくれて本当に助かった。すぐ『この決済は怪しいな』って分かるんだからすごいよね」

と言っていました。

万が一不正利用された場合には補償も充実

そして、私の元同僚のように「実際に不正利用されてしまった」場合でも、三井住友VISAカードには補償制度があるので不正利用分は支払う必要はありません

”「三井住友カード会員保障制度」により、特別なケースを除き、お届け日から60日前にさかのぼり、それ以降の不正使用については弊社が補償します。”

引用:三井住友VISAカードHP

もちろん、「不正利用だった」としっかり確認がされた場合に限りますが、このようにしっかり補償をしてもらえることが分かっていれば、万が一不正利用をされた場合でも落ち着いて対応できますし、それによって損害を被る心配もありません

こう考えると、実はクレジットカードは現金よりも安全だと考えることができます。仮に財布から現金を盗まれてそのお金で買い物をされたとしても、誰もその盗まれたお金を補償してくれませんから。

もし不正利用にすぐ気づかなかったとしても、60日以内であればさかのぼって補償してもらうことも可能です。

明細を見て身に覚えのない買い物があった場合には、まずは身内などが使っていないか確認した上で、紛失・盗難受付デスクに電話をしてすぐにカードの停止と補償を受けるための調査を依頼してください。

三井住友カード紛失・盗難受付デスク
0120-919-456
携帯電話・PHSでも利用可能
受付時間 :24時間・年中無休

「ネットショッピング認証サービス」で第三者による不正利用を防ぐ

そして、実際のところクレジットカードそのものが盗まれるよりも心配が大きいのが「ネット利用」ではないでしょうか?

三井住友VISAカードでは、ネットショッピングでクレジットカード決済をするときに、本人しか分からないパスワードを入力することで、第三者が不正にカードを利用できないようにする「ネットショッピング認証サービス」を取りいれています。

これは、Vpassという三井住友VISAカードの会員サイトに登録することで利用できるサービスなので、ネットでの不正利用が心配な方は必ず登録するようにしましょう。

ここで使われるパスワードは、ネットショップ側に情報が残りません。なので、より安全にネットショッピングでクレジットカードを使うことができるのです。

万が一、ネットショップからクレジットカードの情報が漏れてしまった場合でも、自分しか分からないパスワードを入力しないと使えないようにしておけば、不正利用のリスクはぐーんと下がります

ネットでクレジットカードを使う時代には、必須のセキュリティ対策ですね。

クレジットカードが苦手・怖い人でも満足できるセキュリティ対策

クレジットカードは怖いと思っている人の多くは、

気づかない間に不正に使われて、多額の請求がきたら怖い!

という思いが心のどこかにあるはず。

でも、「じゃあ、現金なら安全なのか?」と言えば、実際はむしろ逆。もし現金を盗まれた場合、まずその現金は戻ってきません。

その一方で、クレジットカードなら、不正利用に後から気づいたとしてもその分を補償してもらうことができるんです。損をしないのは、実はクレジットカードの方なんですね。

そしてご存知のように、クレジットカードには「ポイント還元システム」があります。0.5%~最大で10%(ショップによる)もの還元率でポイントがたまるので、現金払いよりもお得に買い物ができるというわけですね。

そう考えれば、「クレジットカードが怖い」という気持ちだけで作らないのはもったいない話。

むしろ、セキュリティや補償がしっかりしたカードを選べば、現金を持ちあるくよりも数倍安心安全、そしてお得ということが分かるはずです。

もちろん、クレジットカードが苦手だな、怖いなと思っている人は何枚ものカードを持つ必要はないでしょう。1枚だけ安全性が高いカードを作るのであれば、業界で最高水準のセキュリティシステムを備えた三井住友VISAカードをチェックしてみてください。

>>三井住友VISAカード お申込はこちら


記事下リンクユニット広告
スポンサーリンク
レクタングル大(記事下)
レクタングル大(記事下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする