【2018年最新版】今LINE Pay カードを使うメリットはある?

eqp8iq44waorfv31480990520_1480990813

LINEのサービス「LINE Pay」をより便利に使うためのプリペイドカードがLINE Payカードです。

2018年1月までは、コンビニ店頭でカードを購入することができたり、同年5月までは100円の買い物で2ポイント付与という2%の高い付与率をほこる最強カードだったのですが、仕様がどんどん変わっていきました。

世の中的には「改悪」と言われているLINE Payカードの仕様変更

そこで、今さらLINE Payカードを使うメリットは何かあるのかについて、詳しく検証してみることにしました。

すでに持っている人、これから作ろうかなと考えていた人は、参考にしてみてください。

2018年LINE Payカードの変更点

2018年に大きな改訂があったのですが、大きな変更点は次の3つです。

カードをコンビニで簡単に買えなくなった

ポイント付与率2%だったのが、「マイカラー」というランクによって付与率が変わるようになった

LINE Payカード以外でも、LINE PayのQRコード決済やオンラインショップの利用でもポイントが付与されるようになった

これまでは、コンビニの店頭でカードを購入することができたのですが、改訂後はLINE Pay内で申し込んで郵送で送ってもらう方法のみとなりました。

*カードへのチャージは、これまでどおりローソンなどの店頭でもできます。

そして、既存のユーザーにも大きな影響があるのが、ポイント付与率・付与方法の変更です。

LINE Payの新しいポイント付与プログラムって?

LINE Pay「マイカラー」プログラムというのが、新しいポイント付与プログラムです。

簡単に説明すると、

前月末日までに使った金額によって、”マイカラー”と呼ばれるバッジの色が「グリーン、ブルー、レッド、ホワイト」のどれかで判定されて、そのカラーによってポイントの付与率(インセンティブ)が変わる

というもの。

▼2018年8月1日以降

バッジカラー カラー判定基準 インセンティブ その他インセンティブ
グリーン 決済金額:10万円/月

送金:月間5人以上
2% 2018年8月1日~2019年7月31日までの期間限定ポイント

QR/コード支払い利用で「マイカラー」の規定ポイント付与率に3%上乗せ(決済額上限100万円)
ブルー 決済金額:5万~9万9,999円/月

送金:月間3人以上
1%
レッド 決済金額:1万~4万9,999円/月

送金:月間1人以上
0.8%
ホワイト 決済金額:0~9,999円/月 0.5%

このように、バッジカラーによって付与されるポイントが0.5~最大2%まで変動します。

一番大きな違いはこの変動付与率制なのですが、上の表で分かるとおり、

決済金額

送金人数

2つで条件をクリアしないと、高いインセンティブがつくランクになりません

さらに、期間限定ではありますが、

 QR/コード支払いを利用する

という3つ目の条件をクリアすれば、さらに3%の上乗せインセンティブがつきます。

LINE Payカードで支払いをしているだけでは最低ランクのまま

これまでは、LINE Payカードで買い物をすれば、自動的に2%のポイントがつきました。

ところが、2018年8月以降のルールでは、たとえLINE Payカードで月10万円の買い物をしたとしても、LINE Payでの送金人数が0人なら、バッジカラーは「ホワイト」になってしまいます。

決済金額と友達への送金の両方で、バッジカラーが決まるからです。

送金人数がゼロの人は、何十万円と決済に使おうがランクは一番下の「ホワイト」

また、QRコード支払いを利用しない限り、3%の期間限定上乗せインセンティブはつきません

このように、LINE Payとしては

「カードよりもモバイル決済を使ってね」

という方向なのでしょうね。

これまで高付与率でLINE Payカードを使っていた利用者を、LINE Payというモバイル決済にどんどん引き込んでいこうという戦略なんだと思います。

LINE Payカードは今でもお得に使える?メリットは?

LINE Payカードで決済をしているだけでは、ポイント付与率は最低ランクの0.5%なので、

LINE Payカード単体で使うのは、もはやそんなにお得じゃない

と言えます。

他のプリペイドカードを調べてみても、

JCBプレモカード:0.5%

三井住友VISAプリペイドカード:0.25%

なので、いわゆる一般的なプリペイドカードの付与率とそう変わりません。

ただ、逆に言えば、

友達への送金

QRコード決済

という条件をクリアしてしまえば、最高で5%という他にはない高い付与率でポイントをゲットできるのは大きなメリットとも言えます。

この条件をクリアした上で、コンビニやスーパーなどふだんの買い物でクレジットカード代わりにLINE Payカードをガンガン使えば、他のプリペイドカードとは比べ物にならないくらいたくさんポイントは貯まります。

まとめ:LINE Payカードは単体でなくLINE Payの一手段として使う

「なにがなんでもLINE Payカードだけしか使いたくない!」

「送金とかQRコード決済とかをやるつもりはない!」

という人にとっては、もはやLINE Payカード「だけ」を使い続ける理由はないと言えます。

ポイント付与率だけ見れば他のプリペイドカードと変わりませんし、デビットカードまで視野に入れればもっと付与率が高いカードは他にもあります(楽天銀行のJCBデビットカードなら1%)。

なので、今後もLINE Payカードで少しでもお得に買い物をしたいと考えるならば、カード単体で使うのではなく、あくまでもLINE Payの手段のひとつとして、他の決済サービスと併用して使うこと。

「お得」を手に入れるためには、利用者側も柔軟に新しいサービスを受け入れていかないといけないということですね!

記事下リンクユニット広告
スポンサーリンク
レクタングル大(記事下)
レクタングル大(記事下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする