【比較】ドコモの新料金プラン「ベーシックパック」は「データパック・シェアパック」よりもお得?データ量ごとで徹底比較

ドコモが2018年に導入した新データ料金プラン「ベーシックパック」

従来のデータパックやシェアパックが完全定額制なのに対して、ベーシックパックは

使ったデータ量に応じて料金が決まる

という仕組みになっています。

ベーシックパックの導入によって、これまであった

データSパック、データMパック

シェアパック5・10・15

は新規受付が停止となります。ただ、これまで使っていた人は引き続き上記のプランを使うことができるのですが、そこで疑問に思うのが、

これまでデータパック(シェアパック)を使っていたけど、ベーシックパックに変更した方がいいの?料金は安くなるの?

ということですよね。

そこで、この新プラン「ベーシックパック」について、ドコモに電話して詳しく聞いてみました。

従来のデータパック・シェアパックとベーシックパックでは、どちらがお得に使えるのかをデータ使用量ごとに細かく比較

また、ベーシックパックに変更する際の注意点についても詳しくご説明していきます。

毎月のデータ使用量ごとに、データパック・シェアパックとベーシックパックでの料金を比較

データパックとの比較

ここでは、毎月の使用量1GB~20GBで、データパックとベーシックパックの料金を比較していきます。

*ベーシックパックでも「ずっとドコモ割プラス」は適用になります。ここでは、便宜上「ドコモ回線使用15年以上」のプラチナステージで計算しています。

毎月のデータ使用量1GB以内

データパック ベーシックパック
データ通信料 【S】3,500円 2,900円
ずっとドコモ割プラス
(プラチナステージの場合)
-600円 -200円
割引適用後料金 2,900円 2,700円 [安]

毎月のデータ使用量1~2GB

データパック ベーシックパック
データ通信料 【S】3,500円 4,000円
ずっとドコモ割プラス
(プラチナステージの場合)
-600円 -600円
割引適用後料金 2,900円 [安] 3,400円

毎月のデータ使用量2~3GB

データパック ベーシックパック
データ通信料 【S】+データ追加*(1GB1,000円)
4,500円
4,000円
ずっとドコモ割プラス
(プラチナステージの場合)
-600円 -600円
割引適用後料金 3,900円 3,400円 [安]

毎月のデータ使用量3~5GB

データパック ベーシックパック
データ通信料 【M】5,000円 5,000円
ずっとドコモ割プラス
(プラチナステージの場合)
-800円 -800円
割引適用後料金 4,200円 4,200円

毎月のデータ使用量5~20GB

データパック ベーシックパック
データ通信料 【L】6,000円 7,000円
ずっとドコモ割プラス
(プラチナステージの場合)
-800円 -800円
割引適用後料金 5,200円 [安] 6,200円

こんな人はベーシックパックへの移行を見送った方がいい

データ通信量が毎月1GB以上2GB未満の人
データSパックのまま変更しない方がいい

データ通信量が毎月5GB前後の人
データMパックのまま変更しないで、超過した月はデータを追加購入した方がいい

 データ通信量が毎月5GB~20GBの人
ウルトラデータLパックが一番お得

シェアパックとの比較

家族でデータ量を分け合えるシェアパックの場合についても見ていきます。

ここでは、毎月の使用量5GB~30GBで、シェアパックとベーシックシェアパックの料金を比較してみました。

*ベーシックシェアパックでも「ずっとドコモ割プラス」は適用になります。ここでは、便宜上「ドコモ回線使用15年以上」のプラチナステージで計算しています。

毎月のデータ使用量5GB以内

シェアパック ベーシックシェアパック
データ通信料 【5】6,500円 6,500円
ずっとドコモ割プラス
(プラチナステージの場合)
-800円 -900円
割引適用後料金 5,700円 5,600円 [安]

毎月のデータ使用量5~6GB

シェアパック ベーシックシェアパック
データ通信料 【5】+データ追加*(1GB1,000円)
7,500円
9,000円
ずっとドコモ割プラス
(プラチナステージの場合)
-800円 -1,000円
割引適用後料金 6,700円 [安] 8,000円

毎月のデータ使用量6~7GB

シェアパック ベーシックシェアパック
データ通信料 【5】+データ追加*(2GB2,000円)
8,500円
9,000円
ずっとドコモ割プラス
(プラチナステージの場合)
-800円 -1,000円
割引適用後料金 7,700円 [安] 8,000円

毎月のデータ使用量8~10GB

シェアパック ベーシックシェアパック
データ通信料 【10】9,500円 9,000円
ずっとドコモ割プラス
(プラチナステージの場合)
-1,000円 -1,000円
割引適用後料金 8,500円 8,000円 [安]

毎月のデータ使用量10~11GB

シェアパック ベーシックシェアパック
データ通信料 【10】+データ追加*(1GB1,000円)
10,500円
12,000円
ずっとドコモ割プラス
(プラチナステージの場合)
-1,000円 -1,200円
割引適用後料金 9,500円 [安] 10,800円

毎月のデータ使用量11~12GB

シェアパック ベーシックシェアパック
データ通信料 【10】+データ追加*(2GB2,000円)
11,500円
12,000円
ずっとドコモ割プラス
(プラチナステージの場合)
-1,000円 -1,200円
割引適用後料金 10,500円 [安] 10,800円

毎月のデータ使用量12~15GB

シェアパック ベーシックシェアパック
データ通信料 【15】12,500円 12,000円
ずっとドコモ割プラス
(プラチナステージの場合)
-1,200円 -1,200円
割引適用後料金 11,300円 10,800円 [安]

毎月のデータ使用量15~30GB

シェアパック ベーシックシェアパック
データ通信料 【30】13,500円 15,000円
ずっとドコモ割プラス
(プラチナステージの場合)
-1,200円 -1,200円
割引適用後料金 12,300円 [安] 13,800円

こんな人はベーシックシェアパックへの移行を見送った方がいい

回線全体のデータ通信量が毎月5GB以上7GB未満の人
シェアパック5のまま変更せず、1GB追加オプション(またはスピードモード)をその都度使った方がいい

回線全体のデータ通信量が毎月10GB以上12GB未満の人
シェアパック10のまま変更せず、1GB追加オプション(またはスピードモード)をその都度使った方がいい

回線全体のデータ通信量が毎月15GB以上20GB未満の人
ウルトラシェアパック30が一番お得

ベーシックパックでもデータの繰り越しはできるのか?

データパック・シェアパックの場合は、あまったデータを翌月まで繰り越して使うことができますが(データSパックを除く)、ベーシックパックではデータの繰り越しはできません

ベーシックパックは、あくまでも「使った分だけ払う」というのが基本コンセプト。なので、「データ量があまる」という考え方がないのです。

ベーシックパックを使う際の注意点

20GBまでは自動的に料金があがっていってしまう

ベーシックパックは、下の図のように使ったデータ量に応じて料金が適用されるという段階的な料金体系となっています。

自動的に適用されるので、自分でデータ使用量の上限を設定することができません(ベーシックシェアパックでは、端末ごとの上限設定は可能)。

なので、一番注意したいポイントは、

データ使用量が0.1GBでも超えると、勝手に次のステップの料金が適用される

ということ。

具体的に言うと、たとえば「毎月5GB以内で抑えたい」と考えている人の場合。

うまく5GB以内で抑えられれば料金は5,000円ですが、もし5.1GB使った場合には自動的に次の料金ステップである「5~20GB=7,000円」が適用になってしまいます。

ここが、これまでのデータパックとの一番大きな違いなんですね。

データパック ベーシックパック
5GBのプランなら原則5GBまでしか使えない 5GBを超えると自動的に次の5~20GBのプランに移行
データ通信量が超過した場合には、
・低速モードで使う(追加料金なし)
・1GB追加で購入して使う(1GB=1,000円)
・あまったデータ量は翌月に繰り越せる
・料金も5~20GBの料金が適用
・20GB使い切らなくても、データを翌月に繰り越すことはできない

「データパックS・M」「シェアパック5・10・15」から移行すると二度と戻れない

データパックS・M、シェアパック5・10・15は、2018年5月24日で新規受付が終了となります。

これらのプランを今使っている人はそのまま継続して使うことはできますが、もしベーシックパックに変更したあとで「やっぱりデータパックS・M(シェアパック5・10・15)の方がよかった」と思っても、二度と同プランに戻すことはできません

*ベーシックパックからウルトラデータLパック、ウルトラデータLLパック、ウルトラシェアパック30・50・100に変更することは可能です。

ですので、上に掲載した料金比較表をしっかりチェックして、自分の平均的なデータ通信量だとベーシックパックに変更した方が得なのか、それともデータパック・シェアパックのままの方が得なのかをよく調べてから判断するようにしてください。

まとめ

まずは、毎月自分がどのくらいデータ通信量を使っているのか、平均的な数値を一度チェックしてみましょう。

その上で、データ通信量ごとの料金比較を見ながら、自分が一番お得に使えるプランはどれなのかを確認して、データパックのまま継続するか、それともベーシックパックに移行するかを決めることをおすすめします。

個人的には、データ通信をほとんど使わない(wifiがほとんどとか)という人以外は、とりあえず現状のプランを維持しておいた方がいいかなーというのが、いろいろ調べて行きついた感想です。

ちろん、ベーシックパックに移行した方が安くなるパターンもありますので、上のデータ使用量別の比較表をよく検討して選んでみてください。

記事下リンクユニット広告
スポンサーリンク
レクタングル大(記事下)
レクタングル大(記事下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする