楽天銀行のATM出金手数料を節約できる一番おトクな方法は?

6319cc69b7bd3d8a1d38662a1c6b5af8_s

ネットバンクは自宅にいながらにして振込や残高チェックなどの手続きが簡単にできるというメリットが大きいのですが、なんだかんだと手数料がかかってしまうのがネックです。

メガバンクや地銀などは実店舗があるので、ネットバンキングのメリットを享受しつつ、出金したいときには店舗のATMへ行って規定の時間内にキャッシュカードで出金をすれば、たいていの銀行は手数料無料でお金を引き出すことができます。

ですが、実店舗をもたないインターネット銀行は、提携先のATMで、しかも一定の条件をクリアしないことには出金するにも手数料がかかってしまうことがほとんど。

手数料って、ちりも積もれば山となるで、けっこうバカにならないんです。

私は今、メガバンク以外に楽天銀行の口座を使っています。

「クラウドワークス」や「ランサーズ」というクラウドソーシングサイトで副業をしていたときに、報酬を受け取る振込先の銀行として楽天銀行を登録していました。というのも、クラウドワークスやランサーズの場合、報酬振込を楽天銀行にすると振込手数料が100円で済むからです。楽天銀行以外だと振込手数料はなんと500円!

私はクラウドワークスもランサーズも毎月2回振込にしていたので、楽天銀行以外だと振込手数料だけで2,000円にもなってしまいます。振込先を楽天銀行にするだけで報酬の振込手数料は400円で済んでしまうわけですから、この場合は楽天銀行一択ですよね。迷う理由がありません。

「これで手数料を大幅に節約できる!」と喜んでいたのもつかの間、楽天銀行へ振り込まれたお金をいざ使おうというときに問題に直面しました。

手数料無料でお金を引き出せるATMがないのです(笑)

スポンサーリンク
レクタングル広告大

楽天銀行の提携ATM出金手数料

136a3d1ac8c2fd33b3b5ab68404f8729_s

ちなみに、楽天銀行のATMというものはありません。現金を引き出す場合、提携ATMを使って出金します。

提携ATMでの出金手数料は次のとおりです。

セブン銀行・イオン銀行・ステーションATM Patsat

→216円

コンビニATM e-net・ローソンATM・東京三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行

→270円

出金のたびに、毎回200円以上の手数料がかかるわけです。せっかく振込手数料を節約できても、引き出すときにこんなに手数料がかかってしまっては意味がありません。

なんとか出金時の手数料を節約する手段はないかと調査しまくりました。

ハッピープログラムはいまいち使えない

楽天銀行の手数料優遇サービスとしては「ハッピープログラム」がよく知られています。最大で月7回までATM手数料が無料になるのです。

一見「お!これは使わない手はないな」と思わせる誘い文句なのですが、「最大」というのがポイントです。というのも、ハッピープログラムにはランクがあって、一番低いランクでは手数料無料の恩恵は全く受けることができません

ランク 条件 ATM手数料無料回数 楽天ポイント
ベーシック エントリーするだけ ゼロ 1倍
アドバンスト 残高10万円以上または取引5件以上 1回/月 1倍
プレミアム 残高50万円以上または取引10件以上 2回/月 2倍
VIP 残高100万円以上または取引20件以上 5回/月 3倍
スーパーVIP 残高300万円以上または取引30件以上 7回/月 3倍

*「条件」の取引件数は、前月1か月に取引をした件数です。

これを見てどう思うかですが…

とりあえずハッピープログラムにエントリーしただけの「ベーシック」ランクだと手数料は毎回ふつうにかかるので意味はありません。次にランクの低い「アドバンスト」ですが、残高10万円以上もしくは前月に5件の取引をしてやっとATM手数料が月に「1回だけ」無料になります。

個人的には、取引金額が少なく、なおかつ日常的に出金をする前提の口座として楽天銀行を使っている場合には、このハッピープログラムのメリットはあまり感じられません。逆に、取引金額が大きい場合や主に貯金用の口座として楽天銀行を使って、出金の回数もそんなに多くない場合には、それなりのメリットがあるでしょう。

楽天銀行での資金移動が多い人向けのプログラムと言えます。

楽天銀行のキャッシュカードにデビット機能を付けるのが、一番の手数料節約になる

973f8279e9b6cd1465821039c3d003a1_s

私のように資金移動の量(数万円/月)も回数(数回/月)も中途半端な場合には、楽天銀行のキャッシュカードにデビット機能を付けるのが一番手数料が節約になるということに気付きました。

デビット機能についてくわしくはこちらの記事を読んでいただきたいのですが、

クレジットカードを持てなくても、デビットカードで十分な理由

デビットカードを使えば、現金を引き出さなくても直接口座からお金を引き落とすことでカード1枚で支払いができるのです。

デビットカードはおおざっぱに言うと「クレジットカードと電子マネーの中間」みたいなかんじです。ただし、クレジットカードと違い支払いをしたら即時引き落としなので、口座の残高分しか使うことはできません。でも、電子マネーのようにいちいち現金をチャージする必要はありません。あなたの口座がカードに直結していると考えればいいでしょう。

現金を引き出さなくてもよくなるので、当然出金手数料はかかりません。

ちなみに楽天銀行の場合、visaデビットカードとJCBデビットカードを選べるのですが、だんぜんJCBのデビットカードがおすすめです。年会費もかかりません。

というのも、楽天銀行のJCBデビットカードの場合、100円の利用ごとに1ポイント還元されるからです。1%というのはクレジットカード並の高還元率です。

つまり。楽天銀行の口座を持っているなら、今持っているキャッシュカードにJCBのデビット機能を付けるだけで、わざわざ高い手数料を支払って現金をおろさなくてもカード1枚で手数料無料で支払いができてしまい、さらにポイントももらえてしまうというわけです。

使えば使うほど、手数料を取られるどころか、逆にポイントが増えていくのです。

楽天JCB デビットカードについて詳しく見てみる

ただし1点だけ。基本的に使えるのはJCBの加盟店のみです(お店だけではなく、病院やレジャー施設などでもJCBのクレジットカードが使える場所であればJCBデビットカードも使えます)。

とは言っても、JCBのカードが使えるお店はかなり多いので、ふつうに買い物で使う分にはまったく支障は感じません。コンビニやスーパーなんかでもほぼ使えますし。

特に今楽天銀行を使っていないとか、クレジットカードを持っているからデビットカードはまったく不要というのであれば、別にわざわざ楽天のデビットカードを作る必要はないでしょう。

ですが、もし今楽天銀行の口座を使っていて、毎回お金をおろすたびに無駄に手数料を払っているなと感じているならば、ぜひこのJCBのデビット機能を付けることをおすすめします。特に、クラウドワークスやランサーズなどで楽天銀行を振込先にしている方は、けっこうな手数料削減につながるはずです。

ATM手数料はバカにならないので、気づくと月に1,000円くらいの節約になったりしますよ。

こちらの記事も合わせてどうぞ!

忘れている「休眠口座」はありませんか?通帳や印鑑がなくても確認できるので、心当たりの銀行で調べてみよう!

クレジットカードを持てなくても、デビットカードで十分な理由

デビットカードはどれがいい?クレジットカードが作れなくても持っておくべき厳選定番カード

内職?在宅?万年金欠を脱出するために、簡単に始められる副業のススメ!

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA