クレジットカード不要の格安スマホ|デビットカード・プリカ・口座振替が使える会社は?

1abaae6b9e4f326c868114c06e604926_s

「毎月のスマホ代を安く抑えたいので格安スマホに変更したい」と考えていても、クレジットカードを持っていない(作れない)ために乗り換えられないという人もいるのではないでしょうか。

今や格安スマホに参入している会社は有名どころだけでも数十社ありますが、そのほとんどが支払い方法に「クレジットカード払い」しか選択できないという状況です。

そこで、主要な17社に連絡して支払い方法の選択肢について調べてみました。「クレジットカード以外の支払い方法」を選択できる格安スマホをピックアップしましたので、もし何らかの理由でクレジットカードが使えない・作れないという人は、こちらの会社で格安スマホの契約をしてみることをおすすめします。

*調べた会社

Biglobe SIM/スマホ、mineo(マイネオ)、NifMo(ニフモ)、DMM Mobile、U-mobile(ユーモバイル)、Y!mobile(ワイモバイル)、nuroモバイル、楽天モバイル、スマオフ、UQ mobile、TONEモバイル、イオンモバイル、IIJmio、OCN モバイル ONE、FREETEL(フリーテル)、DTI SIM、LINEモバイル

スポンサーリンク
レクタングル広告大

デビットカードを使えるのは「楽天モバイル」のみ

dpxxwelxkzoxr7j1480512231_1480512300

クレジットカード代わりに使えるカードとして、日本でもだいぶ浸透してきた感のある「デビットカード」。ドコモやauでは携帯料金の支払いにも使えるようにもなっています(ソフトバンクでは使えない)。

ところが、格安スマホの料金支払いに「デビットカードも使えます」とはっきりと謳っているのは「楽天モバイル」のみなのです。

楽天モバイルで「デビットカード」での支払いにできる条件は次の通りです。

楽天銀行デビットカードまたはスルガ銀行デビットカードのみ利用可能

端末代を一括で支払った場合のみ使える(端末代の分割にデビットカードは使えない)

スマホ端末に限らず、デビットカード自体が「分割払い」には対応していませんので、あくまで「月額利用料金」の支払い方法としてデビットカードを選択できるということです。

楽天モバイル月額料金例(税抜き)

通話SIM 基本料金

(5GB)

2,150円
楽天でんわかけ放題 850円
合計 3,000円

+端末代金は別途一括払い:1万円前後から5万円台まで

「楽天でんわかけ放題(5分以内の国内通話が何度でもかけ放題)」以外のオプションを付けなければ、データ5GB+かけ放題で月々3,000円ほどでスマホが使えます。

↓その他のプラン・オプション・端末の詳細はこちらでチェック

>>楽天モバイルオンラインストアはこちら

楽天銀行デビットカードで支払いをするなら、JCBのカードを使うのがおすすめ。年会費無料&100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが付きます。1%のポイント還元率はクレジットカードなみです。

>>楽天JCB デビットカードの詳細はこちら

ちなみに、mineo、NifMo、UQ-mobileは「デビットカードでも審査が通る可能性はないわけではないが、その基準は分からない。とりあえず申し込みのときにデビットカード番号を入力してみて、通れば使えるし通らなければ使えない」ということでした。

もし「どうしても楽天モバイルはイヤ、でもデビットカードで支払いをしたい」という場合は、通るかどうかは不明ですが手持ちのデビットカードで試してみてもいいかもしれません。

プリペイドカードを使えるのは「LINEモバイル」のみ

eqp8iq44waorfv31480990520_1480990813

LINEモバイルの料金支払いには、クレジットカード払いのほかに、「LINE payカード」払いと「LINE pay」払いが選べます。

このうち、「LINE pay」というのは専用のアプリを使って支払いする方法なのですが、アプリとクレジットカードを紐づけないと使えないので、実質はクレジットカードが必要ということになります。

一方、「LINE payカード」というプリペイドカードを使えば、クレジットカードを持っていなくてもLINEモバイルの月額利用料金を支払うことができます。カードはコンビニ(ファミリーマート・ローソン)で買えますし、チャージもコンビニ店頭でできるので、使いやすさの点ではまったく問題ないでしょう。

LINEモバイル月額料金例(税抜き)

コミュニケーションフリープラン(5GB) 1,640円
音声付き 580円
合計 2,220円

+端末代金は別途一括払い:1万円台から4万円台まで

「コミュニケーションフリープラン」はLINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題のプランです。

090(080)の番号を使うには「音声付き」を選びましょう。

↓その他のプラン・オプション・端末の詳細はこちらでチェック

>>LINEモバイルはこちら

「LINE payカード」以外のプリペイドカードは使うことはできませんが、購入のしやすさとチャージのしやすさ、ポイント還元率の高さ(2%!)、またJCBのプリペイドカードなのでLINEモバイルの支払い以外にもJCB加盟店でなら支払いに使えるという利便性の広さを考えると、クレカ代わりに1枚持っておいてもいいのではないでしょうか。

LINE Pay カードについては、こちらの記事で詳しく説明しています。

>>コンビニで買える最強プリカ「LINE Pay カード」|クレジットカード代わりの簡単便利な使い方

コストの安さ、品質、カードのポイント還元率の高さなどを総合的に考えると、クレジットカードを持っていない人にとっては、LINEモバイル×LINE Pay カードの組み合わせはけっこう最強だと思います。

(2017年6月追記)

LINEモバイルにも、ついにかけ放題プランが登場しました。

10分以内の通話なら定額(税抜き880円)で何度でも利用できます。

このオプションは「いつでも電話」というアプリを使って通話する必要がありますが、面倒な設定は不要で、ただアプリをインストールして使うだけでOK(電話帳は自動的に同期されます)。

10分を超える分の通話料も、通常20円/30秒のところ、10円/30秒で利用できます。

固定電話などへの電話が多い人は、このかけ放題プランに加入するとお得に使えますね。

LINEモバイル

銀行の口座振替を使えるのは「楽天モバイル」「TONEモバイル」「Y!mobile」「OCN モバイル ONE」

c43a12f96013b5cc9c93e35109ff7a1b_s

銀行口座振替で月額料金の支払いができるのは、「楽天モバイル」「TONEモバイル」「Y!mobile」「OCN モバイル ONE」の4社です。ただし、それぞれ申し込みできるところが異なります。

オンラインで申し込み

オンラインでの申し込みで、支払い方法に「口座振替」が選べるのは楽天モバイルのみです。

オンライン申し込みの「お客様情報の入力」のページで、次のように「お支払い方法の選択」という項目が出てくるので、そこで「口座振替」を選択→口座情報を登録します。

fiazi5y9ppq4yrb1481026436_1481026445

ただし、口座振替にできるのは月額利用料金のみで、端末代やアクセサリー代は「クレジットカード/デビットカード」払いになるので注意しましょう。

>>楽天モバイルオンラインストアはこちら

店頭で申し込み

TONEモバイルY!mobileは、店頭での申し込みに限り銀行口座振替による支払いを受け付けています。

(TONEモバイルは公式サイトに記載されているTSUTAYAの店舗、Y!mobileは専門のショップ)

TONEモバイル月額料金例(税抜き)

基本料金

(5GB)

1,000円
090通話オプション 953円
合計 1,953円

+端末代金は別途一括払い:TONEm15(LTE対応機種)29,800円

090(080)の番号を使うには「090通話オプション」を付けましょう。ただしかけ放題ではないので、別途18円/30秒の通話料金がかかります。もし通話料が心配な場合は、050の番号でかける「IP電話かけ放題オプション」=500円/月(2018年1月分以降は700円/月)を使うとベター。10分以内の通話が何度でもかけ放題になります。

TONEモバイルは、他のMVNOと比べて回線の速度が遅いことに注意。下りで500~600kbpsなので、ネットで調べものをしたりする分には問題ありませんが、動画を頻繁に見るような場合には向いていません。動画チェックなどはwifi環境で使うようにした方がいいでしょう。

↓その他のオプション・端末の詳細はこちらでチェック

>>TONEモバイルオンラインストアはこちら

Y!mobile月額料金例(税抜き)*ソフトバンク以外からの乗り換えの場合

スマホプランM

(3GB)*キャンペーン中は6GB

3,980円
月額割引(24か月間) -1,500~1,800円
ワンキュッパ割(12か月間) -1,000円
合計 1,180円~1,480円

+端末代金は別途:3万円台~5万円台程度

(スマホプランでは、10分以内の通話が300回/月かけ放題)

Y!mobileで申し込む際に注意したい点は、端末を分割払いにしても口座振替ができる場合もあったり、逆に一括払いにしても口座振替ができない場合もあったりするらしいです。店舗の判断によって変わるとのこと。このように、端末代金の一括・分割にかかわらず、100%確実に口座振替にできるとは限らないという話でしたので、いずれにせよ店頭で相談する必要があります。

↓その他のプラン・オプション・端末の詳細はこちらでチェック

>>Y!mobileオンラインストアはこちら

電話での申し込み

OCN モバイル ONEの場合は、電話で申し込む場合は口座振替も可能です。ただ、所定の用紙を送ってもらって必要事項を記入して返送するので、多少時間がかかります。

OCNモバイルone料金例(税抜き)

音声対応SIM

5GBコース*キャンペーン中は6GB

2,150円
OCNでんわかけ放題 850円
合計 3,000円

+端末は別途自分で用意(OCNはSIMのみ)、もしくはNTTコムストアで端末+SIMセットを購入→代金は別途:3万円台~5万円台程度

(「OCNでんわかけ放題」では、5分以内の通話がかけ放題)

基本的に端末は自分で別途購入する必要があります(「NTTコムストア」というところで端末とSIMのセット販売もしていますが、そこで端末を分割で購入したい場合にはクレジットカードが必要)。

↓その他のプラン・オプション・端末の詳細はこちらでチェック
>>OCNモバイルONEオンラインストアはこちら

クレジットカードがなくても格安スマホをあきらめないで!

このように、限られた会社にはなりますが、クレジットカードがなくても契約できる格安スマホはあるのです。そしてここに挙げた格安スマホ会社はどれも、サービス面での評判も高いところばかりです。

クレジットカードがないからと言って格安スマホという選択肢を躊躇していたなら、これらクレカ以外の支払い方法を選べる会社で契約を検討してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も合わせてどうぞ!

クレジットカードを持てなくても、デビットカードで十分な理由

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA