スマホを使いたいけど高いのはイヤ!そんな初心者シニアにぴったりの格安スマホはコレだ

4812d47910848fa14c8663d7e8e8bc85_s

スマホを使ってみたいけど、ガラケーと比べて料金がぐーんと高くなるのがイヤで踏み切れない。

格安スマホなら料金も抑えられるけど、あまりに種類が多すぎてどれを選んでいいのか見当もつかない。

そんな風に思っているシニアの方は多いのではないでしょうか?

確かに、ドコモ・au・ソフトバンクでスマホを持つとなると、最低でも月に7,000円~8,000円はかかってしまいます。今までガラケーで月々3,000円くらいで収まっていたことを考えると、スマホに変更するのを躊躇してしまうというのも分かります。

格安スマホをうまく使えば、ガラケーと同じくらいにまでグッと料金を抑えることができます。

ただ、問題は「どの格安スマホを選べばいいのか?」ですよね。いろんな会社が格安スマホに進出していて、今ではその数は30社以上になります。

シニアが格安スマホを選ぶときには、まずそのメリット・デメリットを理解しましょう。そしてその上で、タイプ別にオススメの格安スマホをご紹介します。

ちなみに、私の両親(60代後半)も今年ガラケーからスマホに変えたので、もし両親が使うなら?という仮定で「これなら使いやすいだろう」という視点で選んだつもりです。これらより数百円安く使える格安スマホもありますが、あくまで「このタイプの人にとってベストはどれか?」「シニアが使いやすいか?」ということで選んでいますのでご了承ください。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

格安スマホのメリットとデメリット

格安スマホのメリットと言えば、

・料金が安くなる

これにつきます。ドコモ・au・ソフトバンクのスマホは高くて躊躇してしまうという人にとっては、大きなメリットですよね。

では逆にデメリットは何でしょうか?

・通信が遅くなる時間帯がある

・ついついたくさん通話をしてしまうと、通話料がドーンと高くなってしまう可能性がある

・店舗がないところが多いので、サポートが不安に感じるかも

デメリットに関しては細かく挙げるとキリはないのですが、大きく分けるとこんなところでしょう。

全ての部分・機能において、高水準で利用者の要望をカバーしてくれる(料金以外、ですが笑)のがドコモ・au・ソフトバンクのスマホだとすれば、格安スマホは「Aの部分でトクをするためには、BやCの機能はちょっと我慢しましょう」といった考えで使うようなものです。

シニアの方も、実際にスマホの使い方は人それぞれ違うでしょう。「安ければなんでもいい」「電話もたくさんしたい」「ネットを見るので回線は遅くならない方がいい」などなど、人によって要望は変わってきますよね。

ですので「自分はこれだけは外せない」という必須項目は何かを考えて、その外せない機能を軸にして選ぶのが、失敗しない格安スマホの選び方と言えるでしょう。

通話はほとんどしない・ネットはそこそこ使う・サポートもほしい・安くて簡単なスマホで慣れたいという人

格安スマホの会社は数多くありますが、大手で言うところの「らくらくスマホ」的なシンプルな使い勝手を求めるのであれば、こちらのTONEモバイルがおすすめです。

基本的に格安スマホで扱っている端末には「らくらくスマホ」のようなものはありません。

その中で、TONEモバイルは徹底して「初心者向け、スマホの操作に自信がない人向け」に作られているのです。

シニア向けに「拡大鏡」アプリがついていたり、メールの件名や本文を簡単に音声入力できたり、もしかしたら「らくらくスマホ」よりも親切かもしれません(笑)

しかも、2016年12月から「IP電話かけ放題オプション」が始まって、050の番号からであれば10分以内の通話が何度でも定額でかけ放題になりました。通話をたくさんしたい人にとっても、非常に使いやすくなったわけです。

ちなみに、TONEモバイルは「TSUTAYA」のオリジナル格安スマホです。Tポイントもたまりますよ。

product04

TONEモバイル

TONE m15 「月額1,000円」プラン

TONEモバイルはこんな人にオススメ

・今までの090(080)の携帯番号が使えなくてもよい

・050から始まるIP電話でかまわない

・端末の性能は低くてもいいから簡単に操作ができるものがいい

・LINEはしたい

・動画はほとんど見ない

・ネットで調べものをしたり、健康管理アプリなんかを使いたい

・とにかく安くスマホを持ちたい

TONEモバイルがオススメな理由

★料金プランは1種類のみなので迷わなくてすむ

★とにかく安くスマホを持てる

★2016年12月1日より「IP電話かけ放題オプション」が始まって、1回10分以内の通話なら何度でも定額(2017年12月までは500円、それ以降は700円)でかけ放題

★通話が10分を超過する前に通知音で知らせてくれる

★基本料金1,000円でインターネットが使い放題(ただし通信速度は遅めなので、動画には向いていない)

★端末をすぐに使える状態にして渡してもらえる(ただし、Googleアカウントの設定だけは自分でやらなければいけない。遠隔サポートをしてもらえば簡単にできます)

★遠隔リモートサポートが無料(ほかの格安スマホは月300円~500円くらいかかる)

★電話での遠隔リモートサポートがとても親切なので、わざわざ店頭へ足を運ばなくても電話でほとんどのことが解決する

★「ネットにつながらなくなった」「空き容量が少なくなってしまった」などのありがちなトラブルは、付属の箱にスマホを乗せるだけで直ってしまう「自動修復機能」がついている

★紙の取扱説明書がついている(大手キャリアや他の格安スマホにはついていない)

★画面をらくらくスマホ並にシンプルで分かりやすくできる「かんたんメニュー」つき

★月々500円の「あんしんオプション」に入れば、壊れてしまったときに無料で新しい端末と交換してもらえる

↓「かんたんメニュー」はこんなかんじです。

m9ydrza0n0hxvk61479790227_1479790237

↓健康管理アプリも入っています。

bcsgdcou3lbquht1479790250_1479790263

月額料金シミュレーション

TONEモバイルは、スマホ本体も2種類しかありません。しかもTONEモバイルオリジナルのスマホです。最新の「m15」という機種でシミュレーションしてみました。

基本料金 1,080円/月
IP電話かけ放題オプション 540円/月
端末賦払金(24回払い) 1,341円/月
あんしんオプション 540円/月
SMSオプション 108円/月
合計 3,609円/月

(すべて税込み)

*2016年12月1日から、IP電話(050番号)なら10分間の通話が回数無制限で無料になる「IP電話かけ放題オプション」が500円(2017年12月までのキャンペーン料金。それ以降は700円)で利用できるようになりました。1回の通話で10分を超える場合には、通話料が加算されます(固定電話にかけたときは13円/3分、他社の携帯電話にかけたときは21円/1分)。

*スマホを壊してしまう心配が少なければ、あんしんオプションは外してもOK。

*端末割賦金は、クレジットカード会社によって金利が変わります(上の表に載せているのは、金利ゼロで単純に24回で割った金額です)

【比較】ドコモの「らくらくスマホ3」にガラケーから機種変更・契約変更する場合

らくらくパック(200MB) 2,160円/月
賦払金(月額) 2,700円/月
月々サポート -2,673円/月
はじめてスマホ割(2年間) -1,520円/月
SPモード 324円/月
あんしんパック 777円/月
カケホーダイプラン 2,916円/月
合計 4,684円/月

*はじめてスマホ割は最初の2年間しか適用されないのと、月々サポートも「スマホからスマホへの機種変」だと400円くらい割引が少なくなるので、3年目以降は毎月6,500円くらいはかかると考えていいでしょう。らくらくスマホと言っても、ふつうのスマホとほとんど変わりません。

*ドコモでは15年以上使っている場合「ずっとドコモ割」が適用されて、月々600円の割引を受けることができます。

TONEモバイルとドコモのらくらくスマホを単純に料金だけ比較してみると、TONEモバイルの方が月々約1,000円安くすみます。「はじめてスマホ割り」がなくなる3年目以降は月々3,000円くらいの差がでてきます。

料金を節約したいと考えるならば、圧倒的にTONEモバイルの方がお得ですね。

その他費用・支払い方法など

初期費用:契約事務手数料として3,240円

支払い方法:

クレジットカード
デビットカード ×
銀行口座引き落とし

*店頭で申し込む場合は、銀行口座引き落としもできます。ネット申し込みはクレジットカードのみ。

*端末代金を分割で払う場合は、クレジットカード会社によって分割手数料がかかります。

*初期費用と端末代は、店頭で購入する場合は現金で支払いも可能。

契約解除料(24か月以内に解約する場合):9,800円(不課税)

注意点

▼今まで使っていたガラケーの番号(090または080の番号)は使えなくなります

▼なので、友人や家族・親戚などには、新しく発行される「050」で始まる番号を連絡しなければなりません。

「090音声オプション」をつければ、ガラケーの番号(090または080の番号)を引き続き使うことができます。ただし、別途で月々953円(税込みで1,029円)、申し込み時に契約事務手数料1,500円(税込みで1,620円)がかかります。また、18円/30秒の通話料金がかかります

*050のIP電話だけの場合と比べると月々の料金が1,000円ほど高くなりますが、「通話はそんなにしないけど、ガラケー時代の番号はそのまま使いたい」「自分の番号が050になるのはイヤ」という場合には、TONEモバイルで「090音声オプション」をつけた方が、ドコモなどと比べて料金は少し安くすみます。ただし、その場合も別途通話料はかかるので注意。

▼「IP電話かけ放題オプション」は050番号のみ(090音声オプションには対応していません)。また、1回の通話10分までです。それを超えると、固定電話にかけたときは13円/3分、他社の携帯電話にかけたときは21円/1分の通話料がかかります。

▼インターネット料金は基本料の1,000円(税抜き)に含まれていて使い放題なのですが、他の格安スマホと比べると通信速度が遅いです。

TONEモバイル その他格安スマホ 違い
実際の速度 500~600kbps 5~20Mbpsくらい 1/10~1/33くらい

*他の格安スマホは、最大速度は「下り最大112.5Mbps」くらいなのですが、実際にはそんなに速度は出ていないようです。

500kbpsくらいだと、ネットで調べものをしたりする分には問題なく使えます。ただ、YouTubeで動画を見るのはちょっとストレスが溜まるかもしれません。

もし一時的に動画を見たいとか大きいアプリをダウンロードしたいなどの場合には、1GB=300円で高速通信にできるオプションもあります。必要なときだけ300円払って高速通信にするのが賢い使い方でしょう。

▼アドレス帳の移行サービスはないので、自力で移し替える必要があります。

▼LINEのアプリは使えますが、ID検索ができません。アドレス帳に載っている友達以外を追加するときは、「ふるふる」や「QRコード」で追加しましょう。

【注意】050のIP電話は「110番」「119番」にかけることができない?

外出中に万が一具合が悪くなったとか、事故に巻き込まれたなどという場合に、050のIP電話からだと「110番」「119番」の緊急電話にかけることができないというデメリットがあります。

「それは困る!安心できない!」

と思いますよね。

そこでTONEモバイルに問い合わせてみたところ、どうやらこのような事態に対処できるように解決策を打ってあるようです。

たとえば、IP電話で「110」とダイヤルすると、画面には「現在地から近い警察関係の電話番号(03などの市外局番で始まる番号)」がいくつか表示されるそうです。その中から目ぼしい番号を選んでかければ、警察の緊急窓口や相談窓口に連絡することができるというわけです。

119番(消防・救急車)も同様で、「119」とダイヤルすると画面に「現在地から近い消防署の電話番号」が出てくるので、そこへかけて助けを求めればOKです。

*オンラインでの購入手続きも、他社と比べて圧倒的にシンプルです。詳しくは↓こちらの記事で解説しています。

>>シニアでも分かりやすい!TONEモバイルをネットで申し込むための具体的な手順

>>TONEモバイルのオンラインストアはこちら

通話が長い・ネットもそこそこ使う・サポートもしっかりほしい人

このタイプにオススメはY!モバイル。

料金はキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)よりも安く抑えられて、それなのに通信速度・容量・通話料の面でキャリア並のサービスを受けられるのがY!モバイルです。

Y!モバイルは厳密に言うと「格安スマホ業者」ではありません。実はソフトバンクの子会社で、ソフトバンクよりも安い料金でスマホやケータイなどが使える部門(?)みたいなものなのです。

もともとイーモバイルとウィルコムという「安い携帯・ポケットwifi」を扱っていた会社をソフトバンクが吸収合併して作られたのが「Y!モバイル」。だから「格安スマホの業者」ではなく、ドコモ・au・ソフトバンクと同じような「れっきとした携帯電話会社」のくくりに入るのです。

そういったこともあって、サービス内容はほとんど大手並み。それでいて、料金は安く抑えられているわけです。

「ふつうのスマホを使いたいけれど、料金はできるだけ安く抑えたい」という人向けです。

ymobilecompaign

Y!モバイルの「スマホプランS」

オプションで「故障安心パックプラス」「ワイドサポート」「スーパー誰とでも定額」

Y!モバイルはこんな人にオススメ

・長電話が多い

・今までの090(080)の携帯番号を絶対そのまま継続して使いたい

・端末は性能がいいものを使いこなしたい(スマホの操作は、慣れればどうにかなるという自信がある)

・ネットで調べものをしたりLINEをしたい

・動画もたまに見たい

・ただ、スマホ代に毎月8,000円も払えないと思っている

Y!モバイル「スマホプランS」(スーパー誰とでも定額つき)がオススメな理由

★格安スマホでは唯一、完全に誰と何時間話しても定額の「スーパー誰とでも定額」がある

★「スマホプラン」が現在キャンペーン中で、通常の2倍の容量が使える

→スマホプランSの場合、通常1GBのところ、キャンペーンで1か月に2GB使えるようになっているので、ネットをするには十分

★Y!モバイルは、全国に1,000店舗以上ショップがあるので、分からないことがあったら近くの店舗で相談できる

★店舗へ出向かないまでも、ワイドサポートに入っていれば、電話でスマホを遠隔操作して問題を解決してくれる

★他の格安スマホと比べて、混雑する時間帯でも回線速度が遅くなりにくい

→私の友人が使っているY!モバイルのスマホを実際に使わせてもらいましたが、都内で昼の12時台&夕方6時くらいの「遅くなる」と言われている時間帯でも快適にネットにつながりました。

月額料金シミュレーション

では、気になる料金はいくらくらいになるのでしょうか?人気のある「Nexus 5X」を分割で購入した場合の、月額料金を見てみましょう。

これ↓が「Nexus 5X」。画面は大きく、軽くて持ちやすいです。

main_00

スマホプランS 3,218円/月
端末賦払金(24回払い) 1,620円/月
月額割引(翌月から) -864円/月
ワンキュッパ割(翌月から12ヵ月間) -1,080円/月
VoLTE(ボルテ) 無料
故障安心パックプラス 745円/月
ワイドサポート 540円/月
スーパーだれとでも定額 1,080円/月
合計 5,259円/月

(すべて税込み)

「ネットはそれなりに使いたい、ラインやその他のアプリもそれなりに使いたい、でもYouTubeなどの動画はたまに見れたらいい」という人なら2GBで十分ではないかと思います。

そして、格安スマホの中で唯一、完全なかけ放題である「スーパーだれとでも定額」があるのがY!モバイルです。かけ放題が1,080円というのは破格。ドコモ・au・ソフトバンクのかけ放題プランは2,700円ですから、半額以下ですね。もちろん、自分の090(080)の番号から普通に発信できます。

>注目!<

もし、「電話をかける回数は多いけど、長電話はしない」という人であれば、「スーパーだれとでも定額」を外しても大丈夫です。というのも、Y!モバイルの「スマホプラン」にはもともと「10分以内の通話が300回/月まで無料」というのが含まれているからです。

■長電話をするなら→「スマホプランS」+「スーパーだれとでも定額」のオプション付き

■10分以上の長電話はしない自信があるなら→「スマホプランS」オプションなし

がベストです。

仮にドコモで同じくらいのプランで契約をするとなると

データSパック(2GB) 3,780円/月
賦払金(月額) 1,620円/月
月々サポート -874円/月
SPモード 324円/月
あんしんパック 777円/月
カケホーダイプラン 2,916円/月
合計 8,543円/月

(すべて税込み)

端末の割賦金は、比較のために暫定でY!モバイルのNexus 5Xと同額にして計算しています。こうして比べてみると分かるように、同じようなプランでもドコモより3,000円(スーパーだれとでも定額をつけなければ4,000円)以上月額が安く使えることがわかります。

その他費用・支払い方法など

初期費用:事務手数料として3,240円、端末の頭金(あれば。108円とかの少額です)

支払い方法:

クレジットカード
デビットカード ×
銀行口座振替

*店頭で契約した場合のみ口座振替での支払いも可能。オンライン契約はクレジットカードのみ。

*クレジットカード払いでも、端末の分割手数料は発生しません。

*事務手数料・端末代金(一括払いの場合)・頭金(分割払いの場合)・付属品・オプション品の料金などは、オンライン契約の場合は代引きかクレジットカード払い、店頭契約の場合は現金払いも可。

契約解除料(契約更新月以外の期間に解約する場合):10,260円(税抜きで9,500円)

注意点

ソフトバンクからY!モバイルに乗り換える場合は、上記より1,000円高くなります(割引金額が違うため)→月額6,339円

▼ドコモ・auからの乗り換え組も、2年目以降はワンキュッパ割がなくなるので1,000円高くなります月額6,339円

*ただし、3年目以降は、端末の分割支払い分がなくなるのでその分安くなります(月額割引も2年で終了しますが)。

*2年目以降は、使い方に慣れたなら遠隔サポートのサービスを外してしまっても大丈夫でしょう。その分料金が安くなります(ワイドサポートの540円がなくなります)。いざとなったらショップに持ち込めばOKです。

▼アドレス帳の移行サービスはないので、自力で移し替える必要があります(遠隔サポートサービスに電話して助けを求める手もあります)。

▼初期設定(スマホにSIMカードを挿して、インターネット接続設定(APN設定)などをする)は自分でする必要があります。サポートセンターに電話して手順を教えてもらえば十分に自分でもできると思いますが、自信がない人はY!モバイルのショップへ持って行ってやってもらいましょう

Y!mobileオンラインストアはこちら

自分に合ったスタイルで格安スマホを選ぼう!

今回は、30以上ある格安スマホ会社から「シニア向け」という視点で思い切って2社にしぼり、ご紹介しました。

●とにかく安く、らくらくスマホのような使い勝手の簡単さ、使い方が分からなくなったときのサポート体制(電話でほとんど解決してしまう)に重点を置くなら?

TONEモバイル

●大手キャリア並の通話・通信サービスを、大手よりも安い料金で受けることに重点を置くなら?

ワイモバイル

30社から選ぶとなるとうんざりしますので(笑)、これくらいシンプルに振り切って選んでみるのがいいと、個人的には思います。

スマホは最初は敷居が高く感じるものですが、実際に手元に置いて毎日少しでも使ってみると、意外と簡単でかなり便利だということにすぐ気づくはずです。機械にめっぽう弱いうちの両親でもすぐに使いこなせるようになったのですから(笑)、完全に慣れだけです。

そして、もしドコモ・au・ソフトバンクのスマホだと月々の維持費が高くなっちゃうからどうしようかな…と迷っているのであれば、格安スマホをうまく使えばいいのです。料金を抑えつつ、スマホデビューできる道がここにありますよ!

こちらの記事も合わせてどうぞ!

・シニアが使う初めてのスマホ!どれを選べばいいの?

・シニアでも分かりやすい!TONEモバイルをネットで申し込むための具体的な手順

・シニアにおすすめのスマホアプリはこれだ!簡単で便利なアプリを使ってスマホライフを楽しもう!

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA