引越しするならマンション?アパート?違いを徹底解明!

9f6cca55320310f6d52fc3d10a464d53_s

もうすぐ春。学生のころは春といえば、環境も変わり心機一転新しい気分で一歩を踏み出せる時期でした。

ところが大人になった今…春でも夏でも秋でも冬でも、暑いか寒いかの違いくらいで毎日代わり映えのない日常を送るようになってしまっています。

だいたい心機一転と言っても、仕事はそんなにコロコロ変えられない。そんな大人なあなたが環境を変えられる手段に「引越し」がありますね。知らない街で新しく生活を始めてみるのは、とてもフレッシュな気分になれるでしょう。

引越ししようと部屋を探していると、賃貸の物件には「マンション」「アパート」の2種類がありますよね。なんとなくマンションの方がアパートより高級なかんじ、とか、アパートの方が安くてお得とか、人によって感想はさまざまでしょう。では実際にマンションとアパートではどんな違いがあって、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

構造上の違い

43acfa6ecfe95c9e05b3db1a0f0ea79e_s

実はマンションとアパートに、法律で決まっているような厳密に規定された区別はありません。そう、名前が違うというだけなのです。

ただ、実際に市場に出ている物件は、当然ある程度の線引きを行ってそれぞれ「マンション」「アパート」と呼ばれています。

その線引きとは、構造上の違いです。一般にマンションと呼ばれる建物は、鉄骨造(S)、鉄筋コンクリート造(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)のものを指して言います。一方で、アパートとは木造や軽量鉄骨造の建物のことを言います。違いとはたったのこれだけなのです。その構造上、マンションは比較的大規模で居住戸数も多い5階建て以上の高層のものが多く、逆にアパートは2階建てくらいまでの居住戸数も少ない小規模な建物であることが多いです。木造で10階建てのアパートを作るというのは、不可能ではないでしょうが安全性から見ても現実的ではありませんからね。

ちなみに、コーポやハイツと呼ばれる物件がありますが、これも名前上の違いだけです。「○○ハイツ」という名称の建物でも、構造が木造のものもあれば、鉄骨(もしくは鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート)造のものもあるのです。なので、物件を選ぶ際には、表面上の名前にだけ気を取られないようにしましょう。

家賃の違い

広さ、築年数、立地等が同じような条件のマンションとアパートを比較した場合、一般にはマンションの方が1万円くらい家賃が高く設定されていることが多いようです。その理由はマンションの方が建築コストがより多くかかるからと言われています。

そしてアパートより高額に設定しても、条件がほぼ同じであればマンションを好むという入居者が多いということも、マンションの家賃を高くしている原因でしょう。ただしそれも比較的築年数が浅い時期だけで、年数が経ってくるとこの差はほとんどなくなるようです。

実際に住んでみての違い

マンションとアパートを分けるのは構造上の違いと書きましたが、実際に住んでみたときにこの構造上の違いをどのように感じるのでしょうか。

一番大きいのは遮音性でしょう。木造よりもコンクリート造の建物の方が防音に優れているという側面は否めません。壁や床の遮音性はマンションの方が高いと言えるでしょう。

ただ、実際には音は壁や床から響いてくる以上に、窓を通して入ってくる場合が多いと言われます。外の音だけでなく、隣や上下の部屋の音も窓を通して聞こえることが多いようです。

そういう点では、アパートでも窓の防音をしっかりすることでかなりの遮音性を手に入れることができると考えられるでしょう。

マンションのメリットとデメリット

8b355219ae767ec21cfbfa30487d2b72_s

マンションは、やはりその構造上のメリットが一番大きいと言えます。上に挙げたような遮音性をある程度確保できることや、木造と比べて建物の強度が高いために災害にも比較的強いという点などです。また、最近の大型のマンションはセキュリティ面でもかなりしっかりしているところが多くなっています。オートロックや防犯カメラなどが設置してあったり、管理人が常駐しているなど、住人が安心して生活できる環境を整えてくれているところも増えています。

その一方で、上にも挙げたように家賃はアパートと比べると高めの設定になっているところが多いです。また、エレベーターや宅配ボックスなど共有部分の設備が充実している分、家賃以外に結構な額の管理費を支払う必要があります。享受できるサービスが多い分、総じてコスト面では高くかかると考えてよいでしょう。

アパートのメリットとデメリット

e9f4459d0f71eef57ca02a61256c799b_s

逆にアパートのメリットはそのコストの安さでしょう。人気のエリアや駅近の物件でもリーズナブルな家賃で借りることができます。また特に最近建てられたアパートの場合には、外装も内装も驚くほどきれいなところが多いのも事実です。コストとイメージ優先で選ぶのであれば、新築のアパートという選択肢は大いにありだと思います。

そしてアパートのデメリットと言えば、建物耐久性や遮音性、防犯面がやや弱いため、ある程度自分で工夫をしなければならない点でしょう。特に女性の一人暮らしの場合には、自室のドアを2重ロックにするとか防犯カメラのダミーを取り付けるなど、安心のためにプラスαの防犯対策は必要かと思います。

実際に見て選ぶのが一番

このように、一般的にマンションとアパートと言われる建物には構造的な違いは存在します。

ただこの違いを見ても、どちらがより優れているというものではなく、自分が借りる際の条件にどれだけ合致するかという部分でフラットな視点で選んだほうが得策だと思われます。そして「マンションだから」「アパートだから」という理由だけで最初から絞ってしまうよりは、自分が重視する条件により近い物件を幅広く探したうえで、実際に足を運んで自分の目で見て判断するのが一番でしょう。

忙しくて、なかなかゆっくり不動産屋を回る時間がないという人は、チャットで部屋探しができるサービスを利用してみてはどうでしょうか。

朝9時30分から深夜0時まで、専門のスタッフが条件に合った部屋探しをしてくれます。希望の物件が見つかるまで根気よく何件でも紹介してくれます。そして気に入った部屋が見つかったら、実際の不動産屋さんと話して内見のセッティングまでしてくれるサービスです。

不動産屋を何件も回る時間を短縮して、その時間を内見に回すことができますよ。

こちらの記事も合わせどうぞ!

部屋探しを成功させるために!物件選びで妥協していい点・妥協してはいけない点を紹介

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA