ダイエットが続かないことを嘆くより、続けなくても成功するダイエット法を

-shared-img-thumb-AI_IMG_7769_TP_V

今までさんざん色々なダイエットに手を出したけど、結局続かずに挫折してしまったという経験がある人は多いと思います。

この「ダイエットが続かない」人には2つのタイプがあるのですが、あなたは次のどちらのタイプですか?

・ダイエットそのものが続かずに、目標体重に達する前にやめてしまう
・目標体重までは頑張って減らすが、そのままキープできずに元の食生活に逆戻り→リバウンド

どちらの場合も解決策は非常にシンプル。ズバリ「続かないなら、続けなければよい」のです。

関連記事:糖質制限ダイエットは本当に痩せる?実際にやってみた感想

スポンサーリンク
レクタングル広告大

ダイエットそのものが続かない人

bc52ea03af90a9e8634d579a57b30561_s

ダイエットは、つまり今までの自分の生活習慣を変えることです。食生活にせよ、運動にせよ、新しいことを取りいれるにはモチベーションが必要となります。

そもそも何故ダイエットをするのか

ダイエットとは自分との戦いです。しかも誰に頼まれたわけでもなく、自分で参戦すると決めた戦いなのです。

すべては自分のために。だからこそ続かないのでしょう。

人に迷惑がかかると思えば多少の辛いことも我慢して乗り越えることができますが、自分だけの問題となると「別に太ってるからと言って誰に迷惑かけるわけでもなし」と、とたんに基準がアマアマになります。

「迷惑をかける・かけない」が基準となってしまうのです。本来ダイエットの基準とは「痩せる・痩せない」であるべきなのです。

まずは、自分がどうしてダイエットをしようと思うのかを見直してみるべきでしょう。

そして、よく考えたらそこまで大きなモチベーションがないという場合には、そもそもダイエットをしなくてもよいのだということになります。

極論かもしれませんが、好きな物を好きなだけ食べることが幸せの極みという人ならば別に無理してストレスをためてまで痩せる必要はないわけです。

やっぱり痩せたい!でも続けるだけの精神力がないという人へ

問題は、「それでも痩せたい」けど続かないという人です。

気持ちは痛いほどよくわかります。「痩せたい」「食べたい」という2つの矛盾する気持ちのはざまで揺れる女心ってやつですね。

そういう方にオススメなのは、ダイエットはするけど「続けない」方法です。

つまり、短期間で終わらせてしまうのです。教科書的には急激なダイエットは推奨できませんが、続かず痩せずで苦しい思いをするくらいなら短期間ダイエットはアリだと思っています。

何か月もかかるからイヤになるわけですよね。もちろん最低限の栄養を取ることは必要です。1か月水だけで過ごすというのは現実的ではありませんし、明らかに健康被害が出るはずです。程度と節度を守りながら、その中でギリギリ食べる量を減らすのです。

そもそもダイエットをしようという人は食べ過ぎている場合がほとんどなのです。粗食にしたら間違いなく痩せます。消費カロリーが摂取カロリーを上回ればよいわけので、最低限必要な栄養をキープしつつもそのギャップをどれだけ作れるか計算してみてください。

運動は挫折の原因のひとつと考えられますので、食事制限だけで十分でしょう。

期間は1か月くらいが順当だと思います。それ以上続けられるのであれば続けてもいいと思いますが、そもそもダイエットが続かない人向けの方法なので1か月くらいが限度かと思います。

1か月で目標値まで体重が減っていたら万々歳、目標に届かなくても全く痩せなかったということはないはずですから、まあそれも目標達成と考えて、これでダイエットは終了です。大成功ですね!

ちなみに1か月も続けられない人は、上に書いた「ダイエットをしなくてもよい人」に分類されるべき人と捉えていますので、ここではカウントされません。

キープできずにリバウンドしてしまう人

bd7944bf815ed942b5f2939142781eea_s

辛いダイエットを乗り越えてめでたく目標体重に達したはいいけれど、その後リバウンドというパターンもよくあります。

太る→ダイエット→痩せる→リバウンド→太る→ダイエット…の無限ループに陥ってしまうのです。いわばダイエットのプロですね。

趣味でやっているならよいですが、そうでないと人生の半分ダイエットしているというのはなかなかキツいものがあります。

何故リバウンドするのか

リバウンドの原因は食事量の増加か運動量の減少、このどちらかしかありえません。消費カロリーよりも摂取カロリーが大きいというだけです。

そして大事なことですが、ダイエット後に食生活を多少なりとも戻したならば、1~2kgくらいまでのリバウンドは受け入れるべきです。これが許せないならば、最初から目標体重を1~2kg少ないところに設定しておくべきです。

それ以上リバウンドする場合には、明らかに「普通より食べている」と考えてよいでしょう。

ただここで考察しているのは、あくまで続かない人(ここではキープできない人)はどうしたらよいのかということです。ダイエット成功後も、きっちりカロリー計算をして運動も習慣化できているくらいならば、はっきり言ってリバウンドするはずはないのです。それができないから困っているわけですよね。

面倒なカロリー計算や運動を続けるのはイヤ!でもリバウンドしたくないという人へ

上でも書いたように、ダイエットをやめたら多少は体重が戻ることは仕方ありません。ですが、一区切りついて精神的なゆるみが出てしまい、それによって食べ過ぎ生活に戻ってしまうことがリバウンドの第一歩なのです。

すると、せっかく痩せたのにじわじわとまた体に脂肪がついていくのを感じるようになり、それが非常に大きな苦痛となっていきます。

あの頑張りが無駄になったと考えるだけで、辛い気持ちになってしまいます。

だから、人間の心理的にはリバウンドしてじんわり太っていく自分を否定したくなるのです。

具体的に何が起こるかというと、体重計に乗らなくなるのです。現実を見るのがつらいので「もう少し痩せたら体重測ろう」とか訳の分からないことを考え出したりします。

リバウンドという問題のすべてはここにあると言っても過言ではないでしょう。「体重を測らなくなる」これこそがリバウンドが発生する過程なのです。

では、どうやってこのリバウンドを食い止めればよいのでしょうか。

これこそ簡単です。カロリー計算も運動もいりません。10秒でできます。

毎朝同じ時間に体重計に乗るだけです。

ダイエットをやめたら、ときには食べ過ぎることもあるでしょう。それでも体重計に乗るのです。今自分は何kgなのか頭に叩き込むのです。

すると、頭の片隅で常に自分の今の体重を認識している状態になるので、多少食べ過ぎて体重が増えると「今日は夕飯軽くしておこう」などというように自然と食事をコントロールできるようになるのです。いちいち強い意思を持って計画を立てなくても、自動的にそういう行動をとるようになります。要するに、痩せている人のメンタルですね。せっかく痩せたのだから、そこだけうまく自分に取り入れたらよいのです。

毎日体重を測るというのは、記録を取るというためではなくて、こういう暗示的な効果を得るためなのです。これならできると思いませんか。

もし毎日体重を測るという10秒ぽっちのことすら無理というのであれば、これもまた「ダイエットをしなくてもよい人」の分類に入るべきなので、ここではカウントしません。

続かないなら、続けなくてすむやり方を見つければよい

続かないのに続けようとするから辛いのです。

続かないならやめてしまいましょう。続くことだけやればよいのです。

続けないダイエットで、理想の体をキープしましょう!

こちらの記事も合わせてどうぞ!
三日坊主を逆手に取ろう!続かないのになぜか続く”三日坊主運動法”でダイエット&健康ゲット

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA