「食べてないのに痩せない」はデブ菌のせいかも!?デブ菌を駆逐してヤセ菌を増やす最強の腸活ダイエット法とは?

552dace8b668d3a874a464c5947bde0b_s

そんなに食べないのになぜかじわじわ太る。なかなか痩せない。

よくある話ですが、私はこれまでこの「なぜか痩せない」原因は、そんなに食べてないつもりでも実は食べているか、代謝が落ちて痩せにくくなっているからだと思っていました。

でも、もしかしてあなたや私がなかなか痩せないのは、代謝のせいではないのかもしれません。最近なにかと話題の腸内フローラ。腸内にいる細菌のかたまりのことですが、この腸内フローラが「太りやすい体質」「太りにくい体質」に大いに関係があることがわかってきました。

それが、いわゆる「デブ菌」「ヤセ菌」の存在です。

私がデブ菌の存在を知ったのは2年ほど前。「禁煙すると太るのは、腸内にデブ菌が増えるかららしい」という情報を小耳にはさんで、「デブ菌なんてものがあるなら、いくらダイエットしても無駄じゃないか!!」と思った記憶があります。

当時は「デブ菌」で調べてもまだまだ情報がほとんどなく、その実態をつかめずに悶々とした思いをしていました。そもそも「デブ菌」なんて子供が命名しそうな名前を本当に全国区レベルで正式名称として使われるものなのかという疑問も浮かんできました。だれかが適当に言っているだけではないかと。

ところが、最近加速度を増して注目を集めている腸内フローラ・腸活などの影響もあり、ついに「デブ菌」という名称も市民権を得ることとなり、その正体が我々の目に明らかになってきています。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

デブ菌とは?

190247

私たちの腸内には、数百兆個もの細菌が生息しています。腸内細菌には「善玉菌」「悪玉菌」があるのはよくご存知だと思います。ただし、腸内にはこの善玉菌・悪玉菌以外に大多数を占める「日和見菌」という細菌が存在するのです。

腸内環境を整えるには、なにはともあれ善玉菌を増やすことが大事。善玉菌は小腸で吸収されずに大腸まで運ばれた糖や食物繊維を発酵させて体に必要な酢酸や乳酸などを作り出す働きをします。また、腸内でビタミン類を生成したり、免疫力を高める働きもあります。

逆に悪玉菌は、小腸で吸収されなかったたんぱく質などをエサとして硫化水素やアンモニアなどの有害物質を作り出すのです。

当然悪玉菌を減らして善玉菌を増やす方が健康面から見ても圧倒的にいいわけです。

そこで、善玉菌と悪玉菌以外に腸内に存在する日和見菌というのが大事な働きをするのです。日和見菌とは、その名の通り腸内で優勢になっているチームに加勢する細菌です。つまり、腸内が善玉菌優勢な状態では日和見菌は善玉菌チームに入るため、善玉菌チームはさらに勢いを増します。逆に悪玉菌が優勢な腸内環境では日和見菌は悪玉菌チームに入ってしまうため、悪玉菌チームがより優勢になりどんどん具合が悪くなっていくというかんじです。

そして、デブ菌・ヤセ菌はこの「日和見菌」に属するのです。日和見菌の中には、善玉菌チームにつきやすい細菌と、悪玉菌チームにつきやすい細菌があります。これがヤセ菌とデブ菌の違いなのです。善玉菌チームにつきやすい細菌が「ヤセ菌」で、悪玉菌チームにつきやすい細菌が「デブ菌」です。

デブ菌が多いとなぜ太るのか?

では、もともと単なる「日和見菌」だったはずの細菌が「デブ菌」「ヤセ菌」と命名・分類され、それが体全体の肥満にまで関係してくる理由というのはなんなのでしょうか。

ちなみにデブ菌と呼ばれる菌は「ファーミキューテス類」のことで、ヤセ菌と呼ばれる菌は「バクロイデーテス類」のことを指します。ワシントン大学の研究で、痩せている人と太っている人では腸内にあるこれらの細菌の割合が異なることがわかったのです。

太っている人
→ファーミキューテス類が多く、バクロイデーテス類が少ない

痩せている人
→バクロイデーテス類が多く、ファーミキューテス類が少ない

このファーミキューテス類、つまりデブ菌には、糖や脂肪をためこんでしまう性質があります。ふつうだったら排出してしまうような食べかすからでもより多くのエネルギーを作り出してどんどんためこんでしまうのです。これがデブ菌が多いと太りやすくなってしまう理由と考えられています。

つまり、同じ量の食べ物が腸まで運ばれてきたとして、そこからエネルギーをより多く吸収してしまうのがデブ菌なのです。スッカラカンになるまで搾り取るわけです。仮に同じ量を食べていたとしても、そこから吸収されるエネルギー量がより多くなればそれだけ太るのは当然ですね。

デブ菌が増える→食べかすからエネルギーをこれでもかと搾り取る→搾り取ったエネルギーを脂肪細胞にためこむ→脂肪が増える

太る!!

「そんなに食べてないのに、なぜか太る」のからくりがここにあるのです。

ヤセ菌が多いと痩せるのか?

それとは逆に、ヤセ菌と呼ばれるバクロイデーテス類は、同様に大腸まで運ばれてきた食べかすから酪酸やプロピオン酸、酢酸などといった「短鎖脂肪酸」という物質を作り出します。この短鎖脂肪酸は大腸から血液中に取り込まれ、そしてなんと脂肪細胞に「エネルギーをこれ以上取り入れるなよ!」という働きかけを行ってくれるのです。

ヤセ菌が増える→食べかすを短鎖脂肪酸に変える→脂肪細胞のエネルギー吸収を抑える

太らない!!

そして、ヤセ菌のパワーはこれだけではありません。ヤセ菌が食べかすから作り出す短鎖脂肪酸は交感神経を活発にして代謝をアップする働きがあるのです。ヤセ菌が多ければ、それだけ体のエネルギー消費量が大きくなってますます太りにくい体質になるというわけです。

デブ菌を減らしてヤセ菌を増やすには?

881440dac3de8c50a80a562f77e4c20c_s

デブ菌を減らしてヤセ菌を増やせば、「太りにくい体」を手に入れることができるというわけです。

ですが、ピンポイントでデブ菌やヤセ菌に直接働きかけてその数をコントロールする方法というのは、残念ながらまだ見つかっていないようです。

そこで登場するのが、「腸内フローラ」。デブ菌やヤセ菌のことを個別に考えるのではなく、腸内フローラ全体を改善するのが一番手っ取り早いのです。これがまさに「腸活」です。

腸内フローラを善玉菌優勢の環境に変えることによって、自然とヤセ菌が増えるためデブ菌は減少します。なので、腸活で善玉菌をせっせと腸内に届けるようにしましょう。

善玉菌を増やす働きのある食べ物

善玉菌と言えば、ビフィズス菌乳酸菌が代表的ですね。これらの善玉菌をちゃんと腸まで届けて、しかも腸内で増やすという作業をしなければなりません。

・ヨーグルト:ビフィズス菌や乳酸菌の代表格と言えばヨーグルト。毎日継続的に食べることで腸内環境がだんだん良化していくでしょう。

・オリゴ糖:善玉菌を増やす働きがあります。シロップ状のオリゴ糖が市販されているので、それをそのままヨーグルトにかけて食べるのがベスト。また、バナナやハチミツなどにもオリゴ糖は含まれているので、ヨーグルトに混ぜて食べてもいいでしょう。

・食物繊維:野菜やイモ類、きのこ類などに豊富に含まれる食物繊維。食物繊維は善玉菌のエサとなるので、腸内の善玉菌を増やすためには欠かせない栄養素です。

・納豆+キムチ:納豆菌は腸内のビフィズス菌を増やす働きをします。さらに熱や酸に強いため、胃で消滅することなくしっかりと腸まで届きます。さらにさらに、納豆の原料である大豆には食物繊維が豊富に含まれているので、これまた善玉菌のエサとなってくれるのです。そしてキムチ。キムチも発酵食品であり、乳酸菌が豊富に含まれています。納豆菌+乳酸菌の組み合わせが腸まで届くわけですから、善玉菌の増殖には最強の組み合わせと言えるでしょう。

ヤセ菌を増やして、太りにくい体を手に入れよう!

腸内細菌に関しては、まだまだ研究途中ということもあり、これからもっと有用な発見がどんどん出てくると思われます。

「腸は第二の脳」と言われるくらい、体の中でも重要な役割を果たしている器官なのです。

とある病気の治療のために、健康な人の便を病気の人の腸に移植するという方法があるそうです。つまり、腸内環境を変えるだけで病気が治ってしまうということもあるわけです。腸内環境がいかに大事かということの証明ともいえるでしょう。

そして、私たちの永遠の課題である「ダイエット」。もう単にカロリーを減らすとかやみくもに運動をするという時代ではなくなってきたようですね。それよりも、腸内環境をよくすることによって体質的に太りにくい体を手に入れることも可能なわけです。

食べ物でヤセ菌を増やすのが一番理想的ですが、腸活は長く続けないことには変化が見えずらいというのも事実です。毎日欠かさずヨーグルトを食べたり納豆を食べたりするのが難しい人や、そもそもそうした食材が嫌いな人は、サプリで摂取する方が続けやすいかもしれません。

ビフィズス菌とオリゴ糖のコンボを簡単に摂取するなら、こちらのサプリがオススメです。
ビフィズス菌配合!腸内フローラを整えてダイエットサポート【LAKUBI(ラクビ)】

LAKUBI(ラクビ)

ビフィズス菌に加えてオリゴ糖も一緒に含まれていることと、カプセルタイプなので胃酸で溶けずに生きたまま大腸まで届くというメリットがあります。

定期便モニターに申し込めば、初回は半額の1,900円で購入できます。31日分として、1日あたり約61.3円。2回目以降も30%オフの2,650円で購入できるので、1日あたり約85.4円。ヨーグルト+オリゴ糖を毎日食べる場合と比べても、費用的にそんなに大差ないですね。下手したら、サプリの方が安く済むでしょう。買い物の手間も省けます。

サプリでも、食べ物でも、とにかく続けることが腸活を成功させる最大のポイントです。

これまでダイエットをしても痩せないと悩んでいた人は、一度腸活をしてみることをオススメします。もしかして、ダイエットの最終形は「腸内細菌ダイエット」かもしれませんね!

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA