【実食レポート】カールスジュニア日本上陸!秋葉原の1号店で食べた本場のアメリカンハンバーガー

本場アメリカから黒船のごとく、高級でボリュームたっぷりのハンバーガーチェーンが押し寄せています。2015年に外苑前にオープンした「シェイクシャック」に続いて、アメリカンハンバーガーの最後の大物とも称される「カールスジュニア」がついに2016年3月4日に秋葉原に日本上陸1号店をオープンさせました。

シェイクシャックの外苑前とは対照的な秋葉原という街に1号店を出店した理由はよく分かりませんが、オープン翌日にたまたま通りかかって行列を発見。場所はアキバ一番の大通りである中央通り沿い、ドンキホーテやAKB劇場から少し上野方面に歩いたところにあります。

ハンバーガー好きとしてはスルーできずにそのまま並んできました。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

意外とスムーズな行列さばき

QJwx9m0lxc0pr1C1457168612_1457168695

土曜日で秋葉原の街は人でごった返していましたが、午後3時という食事には中途半端な時間だったせいか、行列に並んでいるのは40人ほどでした。前日のオープン当日はこの倍以上の人が並んでいた模様。先着50名に「バーガー1年間無料クーポンプレゼント」という太っ腹な企画があったようなので、それも納得です。

行列の最後尾に並んでから約30分で店内に入ることができました。並んだときにスタッフにどのくらいかかるか聞いたら「50分くらいですね」と言われていたので、意外と早く入れてビックリ。

O8UhikXD92HZF7D1457172392_1457172495

お店の中は割とシックなカフェ風のデザインです。

注文のレジは稼働が2台。一瞬「え!少なくない?」と思ったのですが、レジと調理スタッフとフロアでの誘導スタッフがとてもうまく連携が取れているようで、スムーズに段取りよく進んでいくことができました。

84PgGffwTpFlwF01457168918_1457168945

なぜかTシャツ(3,500円)とバッグ(2,500円)も販売。カリフォルニアっぽいですねー。誰も買っていなかったけど(笑)。

ハンバーガーは圧巻のプレミアム!お値段もプレミアム(笑)

ハンバーガーの種類が10種類以上あったので、レジのお姉さんに「一番人気はどれですか?」と尋ねたところ、最もオーソドックスな「オリジナルシックバーガー」が一番売れているということだったので、迷わずそれを注文しました。

すべてのバーガーが、パティのサイズを1/3LBと1/2LBの2種類から選べます。LBとはポンドという重さの単位で、1/3LBが約150g、1/2LBが約230gです。私は1/3LBのオリジナルシックバーガーコンボ(ポテトS+ドリンクS付き)を注文。ドリンクはドリンクバーで飲み放題のはずなのになぜサイズがあるのか謎だったのですが、一応テイクアウト用にサイズが決まっているようです。

余談ですが「”さんぶんのいち”でお願いします」と注文したのですが、レジのお姉さんは「ワンサード」と正しい英語で厨房に注文を出していました(笑)

注文が済むと、フロアのスタッフがすかさず席へ案内してくれました。席に着くとほとんど間をおかずにすぐに注文した商品は運ばれてきました。ほんの2~3分です。早い!

uB0OYIfbndvfUDB1457172248_1457172293

バーガーの直径は13~14cmくらいはあったはず。かなり大きいです。

これが「オリジナルシックバーガー1/3LBコンボ」で税抜きのお値段1,200円(税込みで1,296円)です。パティが1/2LBの場合、税抜き1,400円(税込み1,512円)
さらにポテトとドリンクをMサイズにすると+140円、Lサイズにすると+240円です。

leojz2CVMEatvRu1457169347_1457169412

パティは1/3LBでもかなりボリュームありましたレタスやトマト、オニオンもたっぷり入っています。

ハンバーガー大好きなくせに食べるのがとても下手くそで人前で食べるのを躊躇してしまう私ですが、どういうわけか具だくさんで大きい割りに食べやすかったです。ぐちゃぐちゃにならず、きれいに上品に食することができました。

お肉の味をすごく感じるハンバーガーです。パティは肉汁たっぷりジューシー。肉を食べてる達成感はありますね。アンガス牛100%というのが売りらしいです。

ソースはケチャップ+マヨネーズベースなんですが、マヨネーズがフレンチドレッシング風味で、やや甘めのさっぱりした味。バーガーキングのワッパーに近い感じです。

ハンバーガーなのでお肉へのこだわりが注目されますが、実は一番美味しいと感じたのはバンズです。「高級ブリオッシュ仕様」と謳っているだけあって、それも納得の美味しさ。ほんのり甘い風味が口に広がって、食感は軽く、でもバンズの味はしっかり感じることができます。これはワッパー以上!

逆にひとつだけ残念に感じたのは、ポテトです。カリッと揚がっているのですが、それ以上でもそれ以下でもない感じ。好みの問題と言われればそれまでですけれど。

単品に350円プラスでコンボになるのですが、このポテトとジュースで350円というのは正直あまりセットにするお得感を感じません。これならば、人形町の「BROZERS’」や北千住の「サニーダイナー」のように最初からポテトは付け合わせという認識で、ポテト込みの値段で1,000円オーバーという値段設定の方がなんだか納得いきます。値段は同じでも、印象が違いますね。

お店の前で配っていた新聞風のチラシにも、「プレミアムバーガーレストランチェーン」「クイックサービスレストラン」という表現がされていました。ファーストフードとは一線を画す打ち出し方をしているのであれば、本体のハンバーガーが納得のプレミアム感だったのでちょっともったいない気がしました。

とは言いつつも、それも含めてアメリカっぽいとも言えるでしょう。ほかのサイドメニューは食べていないので、もしかしたらシェイクやサラダはとってもプレミアム美味かもしれないです。

ブレックファーストメニューのデニッシュ系バーガーはこれまた非常に美味しそうですので、今度チャレンジしてみるつもりです。

今後の店舗展開にも期待

15年前にはクアアイナ一択だったプレミアムバーガー。そういえば、はじめて青山のクアアイナでアボカドバーガーを食べたときの衝撃は忘れることはできません。これが本場のハンバーガーかと溜飲が下がる思いをしたものです(笑)

それも遠い昔の話で、今や都内では多くの独立系プレミアムバーガーショップが混戦をくり広げしのぎを削っている状況です。

そんな中で、満を持してアメリカからプレミアムバーガー最後の大本命カールスジュニアが乗り込んできたわけです。チェーン店ならではの、これからの店舗展開に期待です。

BXda48AV6Hfedj71457168859_1457168891

2CTnLKM8lY60Dnk1457169060_1457169088

外の行列に並んでいる間に渡されたメニューです。公式サイトに掲載のメニューには値段の記載がないようなので、参考までに。(下の方は切れてしまっていますが…)

カールスジュニア 秋葉原中央通り店
住所:東京都千代田区外神田4-4-3
TEL:03-3525-4690
営業時間:8:00~21:00(モーニング8:00~10:30/ラストオーダー20:30)
公式サイト:http://www.carlsjr.jp/

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA