浅草観光のあとは「水上バス」で隅田川クルーズ!浜離宮コースがオススメ

浅草観光と言えば、もちろん「雷門」や「浅草寺」、仲見世通りや新仲見世通りなど周辺の下町グルメ・ショッピングといったところが定番ですよね。

もちろん定番こそが鉄板なんですが、何度も浅草に観光に来ている人だと、毎回同じようなコースを巡って「浅草を堪能」して帰るワンパターンに陥りがちです。

そこで、浅草観光の帰り道に「水上バス」を選んで、プラスアルファの「プチ観光」はいかがでしょうか。

お手頃な料金で隅田川クルーズを味わえる水上バスに乗れば、浅草から浜離宮、豊洲、お台場などへ船で行くことができちゃうんです。

東京都観光汽船公式ページ

今回は、「浅草観光をしたあと」ということで、コンパクトにプラスアルファのプチ観光をするにはもってこいの「浜離宮コース」をご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

浅草の水上バス乗り場で船に乗船

mbjtgpll_lswljb1476615442_1476615481

浅草の水上バス乗り場は、東武浅草駅のすぐそば、隅田川ぞいの吾妻橋のふもとにあります。「水上バス」の看板が出ているので迷うことはないはず。

東京観光汽船(TOKYO CRUISE)

問い合わせ:0120-977-311(9:30~17:30)


建物の中に入るとすぐにチケット売り場があります。外国人のお客さんが多いので、券売機のところでスタッフの方が買い方の指南をしてくれていました。

g5fkjmhydgmvyqd1476615497_1476615529

浅草から浜離宮へのチケットには浜離宮庭園の入場券がセットになっています。大人(64歳未満)は980円。65歳以上の方は浜離宮の入場料が割引になるため、860円と割安です。

小学生はなんと370円で行けてしまいますので、家族での観光にもピッタリです。

n7fncx73fdeeazj1476615567_1476615571

日曜日の昼過ぎという混雑しそうな時間帯に行ったのですが、お花見などの超混雑期でなければ、浅草~浜離宮の船は当日券を買ってそのまま並べば希望の出発時間の船に乗れるようです。

当日券は現金のみで購入可能。クレジットカードは使えないのでご注意を。

だいたい1時間に1便から2便くらいの割合で船が出ていますね。天候によって欠航になる便もありますので、事前に確認するようにしましょう。

b0i_2qaanbod1m41476615546_1476615554

浜離宮までの乗船券と浜離宮の入園券の2枚出てきます。入園券は浜離宮に到着したときに提示する必要がありますので、失くさないようにしましょう。

5c7ysgrt0vdeojb1476615338_1476615374

チケットを購入したら、建物から隅田川のテラスにある乗り場へと出ます。赤と白のかわいらしいデザインの船(でも船の名前は「竜馬」笑)が到着し、船内へと乗り込みます。

ugsxmsbubmam_ij1476615395_1476615411

d23_jskjevgwvg21476615312_1476615325

隅田川クルージングは気持ちがいい!

竜馬は定員が560名(立ち席も含む)という大きな船です。船の後方がデッキのようなかんじになっていて、隅田川の風を感じながらクルージングができます。

スカイツリーを背にして船は川を下って行きます。

v_fvqjflkln8czd1476615265_1476615273

dcy6elu4ae2phh31476615291_1476615298

隅田川クルーズのポイントは、なんと言っても橋の多さ。浜離宮までのクルージングで通過する橋は、

吾妻橋、厩橋、蔵前橋、総武線の橋、両国橋、新大橋、清洲橋、隅田川大橋、永代橋、中央橋、中央大橋、佃大橋、勝鬨橋、築地大橋

と、なんとその数14にものぼります!

「橋の真下」という、ふだんあまり見ることのできない風景を楽しむことができますね。これは吾妻橋の真下の様子です。

gtcjtq9fnhb3wdb1476615249_1476615254

約30分の船旅で、浜離宮に到着です。湾岸エリアの高層ビル群の中に、きれいな緑が見えてきます。

nhgoik0id6ofqtk1476615196_1476615201

浜離宮恩賜庭園は、コンパクトな都会のオアシス

浜離宮恩賜庭園は、もともと徳川将軍家の庭園として江戸時代に作られたものです。明治維新のあと皇室の離宮となって、その際に「浜離宮」という名前になったそうです。昭和20年に東京都に下賜されて、都立の文化財庭園である「浜離宮恩賜庭園」として一般公開されるようになりました。

水上バスの発着場から庭園の中へ足を踏み入れると、都会の喧騒から遮断された緑の空間が広がっていて、なんとも言えない不思議な空気を楽しむことができます。

2uppzfcki55gj7p1476615178_1476615183

浜離宮には季節の花を楽しめる「お花畑」があります。私が訪れた10月はコスモスの時期ですが、今年は残暑が長かったことと雨が多かったこともあって、あまりたくさん咲いていないということでした。キバナコスモスの方が多かったです。

haw22_clianlcrk1476615162_1476615168

「三百年の松」という大きな松の木。大きさもさることながら、その形の美しさに圧倒されます。

boymquppqhfla_v1476615146_1476615151

浜離宮内の細い小道を歩いていると、ところどころで「ホントにここは東京のど真ん中なのか!?」と目を疑うような深い緑に遭遇します。木漏れ日がきれい。

xfwgl5gqmfozkgk1476615082_1476615086

妖精かなんかが飛び出してきそうな雰囲気の深い草木です。自分が今どこにいるのか一瞬分からなくなるという、なんとも言えない不思議な感覚に陥ります。

wan3vrjenlgqvre1476615099_1476615103

そして、浜離宮の最大の見どころと言えば、「中島の御茶屋」。庭園の中の大きな池に浮かぶようにして建てられた御茶屋は、周囲のもりもりした緑&高層ビルとの間で絶妙なコントラストを描いています。

di75i9wlpyklf4k1476614945_1476614956

御茶屋の中では抹茶や和菓子を楽しめます。

gcsuiar4hg6u82j1476614853_1476614858

30分もあれば庭園全体を散策することができますので、プチ観光、浅草観光のあとのアフター観光には最適ではないでしょうか。

定番の浅草観光にアクセントを!

水上バス+浜離宮恩賜庭園散策コースは、時間的にも料金的にもコンパクトな観光プランとしてオススメです。

特に浅草というのは「ザ・観光地」。人ごみのごちゃごちゃした雑踏を楽しむことこそが浅草観光の醍醐味と言えるでしょう。そんな下町の喧騒にあふれた浅草を楽しんだあとに、対極とも言える「川&庭園」という自然体感ゾーンでその日を締めることで、観光疲れまでも癒すことができちゃいますよ。

帰りは地下鉄汐留駅またはJR新橋駅まで歩いてすぐですので、まさに浅草からの帰りに寄り道する感覚で行ってみてはいかがでしょうか。

浜離宮恩賜庭園

開園時間:午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)

休園日:年末年始(12/29~1/1)

問い合わせ:03-3541-0200

こちらの記事も合わせてどうぞ!

・浅草観光の上級者必見!昭和感あふれる穴場のお遊びスポット~スマートボールを「三松館」で楽しもう

・観光のついでに競馬はいかが!?ウインズ浅草で馬券購入&レースの雰囲気を楽しもう!

・秋の浅草で一味違った都会の紅葉を堪能しよう!

・浅草の新名物メロンパン!「花月堂」と「アルテリア・ベーカリー」どっちを選ぶ?

・東京浅草のお花見スポット!隅田公園の桜以外にも超穴場スポットが存在する!

・浅草行くなら一度は食べておきたい亀十のどら焼き!

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA